« ブログ はじめました | トップページ | 鳩山元総務大臣、財布盗まれる »

2009年10月 7日 (水)

補正予算見直し2.5兆円

09年度補正予算の見直しで、総額にして約2.5兆円の執行停止・予算削減。担当の仙谷行政刷新担当相は削減額の上積みも指示しているとのこと。

2.5兆円という額を見て、普通はこう考えると思うんです―えッ、自民党や官僚は2.5兆円もムダづかいしようとしていたのぉ~!?って。すごい額ですよね、2.5兆円という額は。

僕は評価しますよ、今回の見直し額。政治家の指示のもとで私心を捨ててこの作業にあたった官僚たちにも敬意を表します。やや皮肉を込めて・・・

ただし、「2.5兆円=ムダづかい」と位置づけるのは正しくないように思います。“ムダ”かどうかは立場によって判断が異なるわけですから。「長年の悲願だった道路拡幅がまた遠のいた」とか「やっと公共事業にありつけたのに」と削減対象とされた地域の人々の姿がニュースで流れていましたよね。彼らにとっては“ムダ”ではないわけで。

しかし、政権が変われば“ムダ”の価値基準も変わるのです。時の政権が“ムダ”と判断したものが削減されるのは国家のあり方としては至って正常と言えます。

そんな中、マスコミは懲りずに
3兆円が目標だったのに5000億円も届いていないじゃないかッ!
税収が大幅に減るんだから公約実現のためには国債増発するしかないじゃないかッ!と騒ぎ立てます。

自分たちの力で「自公政権をブッ潰した」という強い自負を持つマスコミ。彼らがそう思うことを僕は容認します。だけど、それなら「民主政権を育てる」くらいの姿勢を見せるべきだと思いません?

確かにマニフェストは政権公約です。そのマニフェストに対する支持を受けて誕生した新政権が公約を果たそうとするのは正しいことだし、その基本線を外すことがあってはなりません。

しかし、情勢は常に流動的であることも事実。

そんな流動的な経済や社会の変化に敏感に対応していくことこそ政権与党の最も大事な役目だと僕は思います。
「なぜマニフェスト通りにできないのか?」という点をしっかりと納得のいく説明をしてくれれば国民は理解してくれるのではないでしょうか。

民主党政権には、マスコミに煽られすぎず、マニフェストに捉われすぎず、国民のために政治を行ってほしいものですね。

|

« ブログ はじめました | トップページ | 鳩山元総務大臣、財布盗まれる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/31687086

この記事へのトラックバック一覧です: 補正予算見直し2.5兆円:

« ブログ はじめました | トップページ | 鳩山元総務大臣、財布盗まれる »