« 静岡おでん 初体験 | トップページ | 雇用創出対策 »

2009年10月23日 (金)

天皇陛下を「脱官僚」の旗印に利用する岡田外相のやり口

Okada岡田克也外相が国会開会式での天皇陛下のお言葉について、「大きな災害があった後の1回を除いてすべて同じごあいさつを頂いている。陛下の思いが少しは入ったお言葉を頂くような工夫ができないものか考えてもらいたい」と記者団に語ったそうです。

この発言、お言葉について「前例踏襲」を続ける宮内庁の対応を改めるよう求めたもので、「脱官僚」をアピールする狙いがあるとのこと。

天皇の国事行為である国会召集。その開会式でのお言葉に意見した岡田外相の見識を疑わざるを得ません。

天皇の“政治的中立”のお立場をどう理解しているのか!?

マスコミはこの発言を大きく取り上げ、しっかりと国民の議論をさそうべきです。

|

« 静岡おでん 初体験 | トップページ | 雇用創出対策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民党周辺にいた貴方の気持ちは分からない訳ではないですが、今の貴方の立場でお書きになっている、「日記・コラム・つぶやき」はいかがなものでしょうか?
若い政治家が好きな私は、ここ三条の地でも長年にわたり若い政治家を応援して来ました。、貴方の今の生業に若さが感じられず、とても市議会議員にという気持ちにはなれません。すくなくとも、2チャンネルごときの書き込みを引用されている様では・・・。「郷に入っては郷に従い」という言葉の通り、イケイケでは勝てません。ここは三条というド田舎ですから、もっと謙虚にならないとなかなか議席は望めないと思います。

投稿: 元自民党員 | 2009年10月28日 (水) 13時04分

元自民党員 さま

コメントありがとうございました。

厳しいご意見、謙虚に受け止めさせていただきたいと思います。

まだまだ経験不足で、多角的にものごとを見ることができない自分を自覚しているつもりですが、様々なご意見やご指摘をいただきながら少しずつ成長していきたいと考えています。

ご寛容のうえ、これからもご意見をいただければ幸いです。

投稿: なごや☆ | 2009年10月29日 (木) 11時04分

貴方の「日記・コラム・つぶやき」を読んだ後に抱いた貴方に対するイメージと、「コメントありがとうございました」を読み終わっての貴方に対するイメージは大きく変わりました。
ただ、価格は別としても、三条市議会議員がVWで挨拶回りやお願いというのは如何なものか・・・・・。
一年生三条市議会議員に似合う車と言えば、やはり軽自動車だと思いますし、ゆずってもカローラと言ったところではないでしょうか?
何れにしましても、あと6ヶ月間悔いの無い戦いをして欲しいものです。
幸い地盤でいえば、貴方の自宅周辺からは、かつて岡兵、本田、土佐、岡昭、坂井さんという数多くの市議会議員さんが出ておられ、今となっては更に田中さんも・・・・・。
三条市に対する情熱と謙虚さを持ちながらの「イケイケどんどん」こそ若い人の特権だと思います。頑張って下さい。
今日、原仙の原田社長と一緒にゴルフを楽しみましたので「『肉の原仙』のからあげ」が本ブログの載っていた事を話しておきました。

投稿: 元自民党員 | 2009年10月29日 (木) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/31910472

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下を「脱官僚」の旗印に利用する岡田外相のやり口:

« 静岡おでん 初体験 | トップページ | 雇用創出対策 »