« 最後のうどん | トップページ | 『肉の原仙』のからあげ »

2009年10月19日 (月)

「子ども手当て」どうなるの!?

民主党マニフェストの目玉の一つである、中学卒業まで一人当たり2万6000円(2010年度は半額)を支給するという子ども手当て。

この子ども手当てに飛びついて民主党に一票を投じた人も多いかもしれませんね。

平野房長官は記者会見で、その財源について「あらゆる選択肢があると思う。全額国費ということもあるだろうし、地方公共団体に協力いただく選択肢もなきにしもあらずだ」と述べ、さらに「マニフェスト全額国費で賄うとは明記していない」と指摘したとのこと。

オイ、オイ。それなら選挙中にそう言いなさいよ。

自民党やマスコミから財源確保についてさんざん追及されても、「自治体負担」とか「企業負担」なんてこと一切言わなかったじゃない!

景気低迷による税収減や様々な補助金カットを食らっている自治体が負担するのもキツイ。

企業負担なんてことになれば中学生以下の子どもを持つ人の雇用に消極的な企業が出てくることも心配されます。

それぞれの大きな反発は必至ですが、結論としては国費による全額支給はかなり厳しいでしょうね。

自治体や企業の負担割合をどう調整するのかが今後の課題になるのと思います。

ちなみに「国の負担だろうが市の負担だろうが関係ねぇ。オレたちは2万6千円もらえればそれでいい」という人もいるかもしれませんが、それは違う。

自治体の負担も企業の負担もそのしわ寄せはすべて我々に来るのですから・・・

|

« 最後のうどん | トップページ | 『肉の原仙』のからあげ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/31850037

この記事へのトラックバック一覧です: 「子ども手当て」どうなるの!?:

« 最後のうどん | トップページ | 『肉の原仙』のからあげ »