« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

赤ちゃんのコト

今日は僕にとって初めての子どもの出産予定日。もともと診察日だったので午前中に奥さんを連れて病院に行ってきました。

お腹の中で3500gまで育っているそうで、もういつ陣痛が来てもおかしくない状況です。

やっぱり緊張しますね。初めてなもんで・・・

自分の子どもの誕生がカウントダウンに入ったせいか、このところ続いた「赤ちゃんに関するニュース」が気になります。

“白骨死体がみつかった”とか“バラバラ殺人”などのニュースがここ最近特に多いように感じますが、そんな中、神奈川県内の河川敷でバッグや鍋の中から乳児の遺体が見つかったというニュースにはショックを受けました。

どんな経緯があったかはまったく想像もできません。ただ、周囲が祝福する病院にもちゃんと通うことができる妊娠・出産とは考えにくいことは確かです。

もし、人知れず身ごもり、産み、捨てたのだとしたら…捨てられた赤ちゃんはもちろん、母親のことを考えるとなんともやりきれない気持ちになります。

“赤ちゃんの命を守る”ということで設置されたのが、熊本市の慈恵病院の赤ちゃんポストでした。

熊本県の有識者検証会議はこの赤ちゃんポストに対する最終報告書を公表、子どもが預けられた理由として不倫、未婚、生活苦などを挙げました。

約2年半で全国から51人の子どもの預け入れがあり、親の住所が分かったのは39件。身元が分かっている子どもは特別養子縁組の手続きが進んでいるケースもあるけれど、身元が分からない場合は親が後に名乗り出てトラブルになる懸念があるために手続きができないらしい。

行き場失って捨てられてしまう命のことを考えれば、赤ちゃんポストの一定の意義を否定はできません。しかし、制度として認めることによって安易な遺棄が横行することも十分に考えられるわけで。

Dairi一方では、実母が代理母となってわが子を得た女性が、その実母と笑顔で記者会見に臨み、「法整備をしてほしい」と訴えるニュース。衝撃的でした。

子どもを得たくても得ることのできない夫婦はたくさんいらっしゃるし、僕の周囲にも不妊治療をされている夫婦が何組もいらっしゃる。

代理出産については、安全面も含めて技術的にはかなり精度が上がってきており、費用についても手の届くところにきたと聞いています。

子どもを授かることとは一体どういうことか?

宗教観や倫理観から人工授精や代理出産を「自然の摂理に反する」として反対している人たちもいます。

だったら、投薬や手術や治療などによって延命に必至な僕らの行為は自然の摂理に反しないの?ってこのにはならないのか。

ここにある命を維持しようとすることと新しい命をつくることのちがいとは一体どこにあるのか―本当に難しい問題です。

赤ちゃんポストも代理出産も、賛否両論あるものの現行法の中でも実際に行われていることは紛れもない事実。しかし、このまま国としての方向を示さないままというのでは新たな問題が生まれかねません。

政府による国民も巻き込んだ議論を行う段階にあるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

事業仕分け…

事業仕分けへの国民の評価や注目度はすこぶる良好のようですね。それに伴い内閣への高い支持率も継続しています。

科学技術政策や外交・防衛、教育などに対する予算削減には与野党・民間を問わず反発や不満の声も上がっているようですが・・・

その方法や中身については多くの識者が指摘しているように問題点がることは否定できません。“政治家のパフォーマンス”という側面ももちろんあるでしょう。

ただ、仕分けの現場に毎日500人を超える傍聴人が訪れるとか、ネットで常時1万とか2万のアクセスがあるということは紛れもなく自民党政権との大きな違いだと言えます。

マスコミの取り上げ方も半端じゃない!

新聞やニュース番組はもちろん、朝・昼・夕のワイドショー番組でも芸能情報や事件よりも大きく扱っていたりします。

事業仕分けそのものの問題点の検証はしっかりしなければならないことは当然ですが、この“国民の注目を引く”という一点でみれば、本当に大きな意義があったと思います。

NHKでは予算委員会や党首討論など重要審議については国会中継を行いますが、その他の委員会審議もすべてネット中継が行われています。

鳩山総理の献金問題も絡んで続いていた国会の空転も正常化に向けて与野党の話がついたようです。

与野党とも事業仕分けでの成功を活かして、外交・安全保障問題、デフレ対策などに対する審議をしっかりと国民に見せつけてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

エコカー減税延長と中古車屋さんの嘆き

家電のエコポイントやエコカー減税が一定の効果を生み出しているとして延長されるようですね。

買い手である国民が喜び、消費低迷にあえいでいる家電業界や自動車業界が浮揚するきっかけになっていると判断したということでしょうか。

前政権下での政策でも良策は良策として継続する鳩山政権の姿勢は評価すべきだし、さらなる進化を期待したいです。

大型テレビや冷蔵庫の買い替えは家電市場を刺激し、制度に加えた独自のサービスで量販店側もがんばっているし、テレビCMを観ていると「エコカー減税で20万お得!」ってな感じで具体的な数字が購買意欲を掻き立てます。

ただ、この政策が期限付きの起爆剤・呼び水であることを忘れてはなりません。

先日、中古車販売店を数店舗展開する社長さんとお話しする機会がありました。

「エコカー減税延長なんてとんでもないッ!」と大激怒。

社長曰く、特に高価格帯の中古車を買う人がまったくいなくなってしまった、と。

これまでは一定の高価格帯購買層があったが、エコカー減税や補助金によって新車のエコカーとハイクラスの中古車の価格がトントンとなり、お客はエコカー購入に流れているということらしい。

かといって低価格の中古車が売れるわけでもないわけで、同業者の廃業も相次いでいると嘆いてらっしゃいました。

起爆剤も効き過ぎると大事故につながるし、呼び水も度を越えれば大洪水になって溺れてしまう。

よくよく考えてみればエコポイント・エコカー政策もすべて税金。加えて、鳩山政権が掲げる社会的経済的に弱い立場の人たちが直接恩恵を受けづらい政策ともいえます。

一部の人が益する政策でなく、より広い層が潤う政策を目指さなければならない・・・政治って本当に難しさと責任を改めて感じます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

子ども手当て―僕の考える支給法!

子ども手当て26,000円を巡り、総理、財務大臣、厚労大臣などそれぞれの発言が食い違っちゃってますね。ま、現政権のおハコと言えますが・・・

大きな論点になっているのが、「所得制限を設けるかどうか」という点。

以前も書きましたが、財源の確保は現実的には厳しいですからね。「子ども手当て」どうなるの!?(2009.10.19)

では、「すべての子どもに支給」というマニフェストとの整合性をどう取るか?

解決法を考えました!

①所得制限を設けず、すべての子どもに支給
②受取りは申請方式とする(定額給付金の際のシステム)
③申請時には所得申告を必須とする

この方法なら「すべての子どもに支給」の原則は守られつつ、すべての対象者が申請するわけでないから大幅な予算削減も見込めるかもしれません。

原則的に支給されるわけだから、「26,000円もらえるっていったから民主党に一票入れたのにッ!」っていう声もあがらない。

所得制限を設けないが所得の申告を必須にすることで実態を把握できるでしょう。

低所得者の申請が多いのか。それとも、高額所得者の多くも申請するのか。

高額所得者のほとんどが申請しないという結果が出れば、「やっぱり所得制限あってもいいんじゃない?」ってなことになるでしょうし。

申請者の所得データは、将来的に所得制限を設けるとなった時にその額の決定に活かすこともできるはず。

民意を受け止め柔軟に政策を微調整していくのは時の政権の重要な役目だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

渡邊喜彦さんの講演聞く

倫理法人会ってご存知ですか?

「企業に倫理を、職場に心を」をスローガンに、まずトップが純粋倫理を学び、変わることによって、社員や社風を変え、健全な繁栄をめざす―そんな目標を掲げて経営者などが集う啓発の場で、全国47都道府県に59,000社の会員があるそうです。

三条にも三条市倫理法人会と三条南倫理法人会の2組織があり、全国屈指の会員数を誇ると聞きました。

僕の住む地域にも倫理法人会がいくつかあり、秘書時代には朝6時半からの「モーニングセミナー」や夕刻の「イブニングセミナー」に何回か参加したことがあります。

今朝は、その頃お世話になった方からのお声がけで隣町の三鷹市倫理法人会のモーニングセミナーに行ってきました。

今朝の講師は渡邊喜彦氏。

ふるさと三条の物流大手・マルソー㈱会長を務め、倫理法人会の親組織である倫理研究会の法人スーパーバイザーである渡邊氏。わが母校・三条高校の同窓会長でもあります。

大変なご苦労を重ねられながらも人一倍の努力と強い信念で年商100億の企業を作り上げられたそのお話には聞く者皆が引き込まれました。

中でも印象に残ったのは、“変化への対応”。

昨年来の大不況を受けての稼業の対応策も披露しながら、「残さなければならないものは大切にしなければならないが、変化への対応も重要」というコトバはとても説得力を持つものでした。

この柔軟性こそが優れた経営者の条件であり、経営者としてだけでなく優れた人物としての条件なのかもしれませんね。

それから“家庭が基本”ということも繰り返しおっしゃてました。

「家庭がしっかりしていなきゃ安心して企業経営なんかできない」というわけです。

まったく同感。

家庭持ち若葉マークの僕にとっての課題ですねcatface

また、今朝は巣鴨倫理法人会から出席されたという三条出身の方ともお会いすることができました!

早起きの甲斐がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

オバマ大統領の出迎え遅刻の罪

O金曜日の夕刻に来日、慌しい日程をこなして日本を発ったアメリカのオバマ大統領。

当初、日米首脳会議では議題にしないとしていた懸案の普天間移設問題ですが、オバマ大統領がその解決を強健に迫ったということが分かりました。

首脳会談で合意した日米閣僚級作業グループに関しても、鳩山総理の「日米合意を前提にしていない」主旨の談話に対してオバマ大統領が「すでに達した合意を履行するためのもの」とやり返し、大きく食い違いを見せています。

結論があっての先送りであればアメリカも納得するかもしれませんが、結論が見えない先送りではアメリカの態度硬化を免れません。

鳩山総理は選挙で訴えてきた「国外、県外移設」と2006年日米合意とのジレンマの中で難しい舵取りを迫られますが、総理の国益優先の決断に期待をしたいと思います。

それから、デリケートな外交問題に関して閣内不一致の発言が飛び交うことはいかがなものか。鳩山総理の下でしっかりと一つの方向性を示してもらいたいものです。

ところで、オバマ大統領が来日し、官邸に到着したというニュースをたまたまオンタイムで観ておりまして・・・

オバマ大統領はすでに官邸に到着し、鳩山総理の出迎えを車内で待っているようです―キャスターのコメントに耳を疑いました。

大統領の車列が予定よりも早く着いてしまったことがその原因らしいですが、それにしてもあまりにもお粗末。

鳩山総理ご本人に責任はありませんが、事務方のあまりにも大きな失態を看過するわけにはいきません。

ニュースにもならないようなことですが、こういった非礼な対応が関係を悪くするような事例が外交では少なくありません。

日米関係がとても緊迫している時に 些細なことで“貸し”をつくるのはバカバカしいと思うのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

小金井市新潟県人会

同郷出身者が集う県人会。東京の新潟県人会の活動はかなり盛んで、23区や各市の中にもそれぞれで県人会を組織していたりもします。

衆議院議員の地元秘書として4年間担当し、現在の居住地でもある小金井市に「小金井市新潟県人会」が発足したのは昭和26年。しかし、平成に入ってからはその活動が鈍化して自然消滅していたそうです。

091114_182701その「小金井市新潟県人会」が再始動!発会式に参加させていただきました。

会の役員は秘書時代にお世話になった方々ばかり。

おめさんも新潟の出身らったんだぁ?―これまで自分の出身地を話す機会がなかった方は、僕が三条出身と聞いてびっくり!

発会式に出席した25名の中には残念ながら三条出身の方はいませんでしたが、お隣に座られた方は燕のご出身だったり、三条にご親戚がいらっしゃる方がいたり・・・

新潟を離れてから数十年という大先輩方のお話はとても心にしみました。

僕なんかの時代と違って、田舎では生活ができないという理由からふるさとを離れた方々も少なくない。皆さん大変なご苦労をされてここまでこられたわけで・・・

大先輩方のお話に触れることができただけでも、僕にとっては得るものある会となりました。

それにしても同郷っていいもんですね。

ふるさとの話を新潟なまりでちょこっと交わしただけで一瞬にしてひとつになれちゃいます。フッと気を許しちゃうといいますか。

僕は今年の年末にはふるさと三条に帰郷しますが、小金井市新潟県人会の皆さんとのご縁を大切にし、三条の生情報をガンガン伝える役目を果たしたいと思いますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

親ごころ

僕にとってはじめてとなる子どもの出産予定日まであと2週間。

奥さんの入院準備やら赤ちゃんを迎える準備やら、慣れないことに四苦八苦です。

赤ちゃんは昼夜を問わず奥さんのお腹の中で元気いっぱい。確かなる生命の宿りを実感しつつ“親ごころ”の芽生えも感じている毎日です。

そんな“親ごころ”について考えるに、ここ数日は胸をえぐられるような思いをさせられるニュースばかりです。

憎しみ続けた市橋容疑者がついに逮捕の時を迎えたリンゼイさんのご両親の“親ごころ”。

逃亡犯の親として複雑な心中を語った市橋容疑者のご両親の“親ごころ”。

自分の子どもにしっかりと罪の償わさせなかればならないという親としての責任を語る一方、それでも子どもへの溢れる愛情を隠さなかった“親ごころ”を複雑な気持ちで捉えた人たちも多かったのではないでしょうか。

千葉の女子大生はアパートもろとも焼かれ、島根の女子大生は首と胴体をバラバラにされた上に腹部には焼かれた跡が見つかったそうです・・・

まだ見ぬ赤ちゃんがドンドンと突き上げる奥さんのお腹をさすりながら、「親御さんがどんな思いで彼女たちの誕生を願い、ここまで育ててきたか」と思いを巡らすと自然と涙が溢れ出してしまいます。

目を覆いたくなるし、逃げたくもなってしまいます。

だけど、彼女のご両親やご家族は目を覆うことも逃げることも許されないわけで。

一日も早い犯人確保を祈ることしかできない自分があまりにも情けない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

事業仕分けの影に財務官僚

事業仕分けの対象が出揃いました。約210事業447項目。

この対象事業の選定で活躍したのが財務官僚。10月中旬には財務省主計局が財政健全化を目指して総額5.3兆円の無駄づかいリストを刷新会議に報告していたとのこと。

選定を指揮した行政刷新会議の加藤秀樹事務局長は旧大蔵省出身ですからね。

民主党の大支持母体の日教組が国の負担率アップを求めている「義務教育国庫負担金」があっさり対象事業となったことを考えれば、政治家(民主党)ではなく、財務省の意向が強く働いているということは見て取れます。

仕分けメンバーについては最初にスタートした政府一本釣りの民主党議員32名が小沢幹事長の反発をかって7名に激減しているわけで、鳩山政権の掲げる「政治主導」にも黄信号が点ったのでは?

これまでの予算編成の仕組みでは各省庁が財務省主計局に詣でて折衝し、なかなか難しい事業については官僚が族議員に根回しをしてその族議員が財務省に出向いてプッシュしたりしてました。

財務大臣に各省大臣が折衝に臨む際には、族議員たちが大臣室を訪れ、“激励”して大臣を見送るなんて光景がよくみられましたね。

族議員からのプレッシャーで自分たちの意向を曲げなければならないこともあったであろう財務官僚としては、「事業仕分け」を旗印に各省庁からの概算要求をガンガン跳ね返せるわけで、ひょっとしてこれまでよりも仕事がしやすいかも。

脱官僚を掲げる政権が財務省依存にならないことを祈りつつ、11日からはじまる事業仕分けを見守りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

事業仕分け 今夜決定

鳩山政権の行政刷新会議による「事業仕分け」の対象事業が今夜官邸で正式に決定します。

各省庁が来年度予算の概算要求した事業の中で、“これは無駄遣いだぁ!”と判断されたものをズバズバッと裁ち落としていくわけです。

教職員の給与などへの義務教育費国庫負担金、市町村に保育費の半額を交付する保育所運営費負担金、雇用・能力開発機構や高齢・障害者雇用支援機構への運営費交付金、政府開発援助(ODA)、発電所のある自治体に支払う電源立地地域対策交付金、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)、医療費の国庫負担、薬価をはじめとした200を超える事業が対象になる見通し。

“無駄”をどう判断するか。

仕分けグループに選出された民主党議員数名によって○とか×とか△とかで判断することになるわけですが、果たしてそれで十分なのか・・・

たとえば薬価。安価なジェネリック医薬品(後発医薬品)を普及させることで医療費を抑制しようというのが狙いらしいですが、反面で新薬開発の遅れが懸念されます。

義務教育費国庫負担金や保育所運営費負担金などは国の負担が減額される分は地方の負担となるわけで、地方は限られた財源の中から多額な負担金の捻出を迫られることになります。

特に概算要求額が膨大となっている厚生労働省の事業に焦点があてられているようですが、医療や福祉、保育、雇用など私たちの生活に最も密着した事業を担当している厚労省の予算要求が膨らむのは当然といえば当然。

たばこ増税議論ではないけれど、「取れるところから取ろう」という感じは否めない。

“削減ありき”の予算額先行の事業仕分けによって弱い立場の人たちに不利益を及ぼしたり、外交や国防を含め国益を損なうようなことも絶対にあってはなりません。

国民への説明もぜひお願いしたいですね。

もちろん、事業仕分け自体は意義深いことだし、休日返上で臨む民主党議員の方々の姿は「政治主導」への本気度を感じます。

あまり知られていませんが、民主党は野党時代にも「事業仕分け」を試験的に実施していて、総額の26%の削減が可能だとする報告も出しています。

今夜の行政刷新会議に注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

熱血!ホンキ応援団

Main何気なくつけていたテレビから流れていた番組。熱血でおなじみの松岡修造氏がホンキで頑張っている人をホンキで応援するというコンセプトらしい。

今日はスタート2時間スペシャル。

大きな体の同級生にどうしても勝ちたい小柄の少年力士、あがり症のちびっこ落語家、異国のまだ見ぬ友だちに思いをはせる島で一人だけの小学生、勝利の味を知らない少年野球チームのキャプテン少女・・・

“松岡修造”“熱血”というキーワードを聞いて、暑苦しい、わざとらしい番組かと思いきやッ!!

久々に心に響くバラエティー番組をみましたねぇー。よかった。

子どもたちが子どもたちなりの困難にぶつかり、オトナたちのちょっとのサポートをもらいながら乗り越えてゆく姿と彼らの流す純粋な本物の涙に思わずこちらももらい泣き。

36歳の僕としては、ギリギリ子どもたちの気持ちにもなれるし、この子たちの親の気持ちにもなれたりするわけです。

「熱血」とか「熱い」とか「ホンキ」とか、ここ最近の世間ではウザがられていますよね。「クール」で「無関心」で「ライト」な方が今どきなのかもしれません。

そんな中ではじまったこの『熱血!ホンキ応援団』。

誰もが持っていたのにどこかに置いてきてしまったあの熱さを思い出させてくれる秀逸な番組です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

選挙運動のネット解禁で得するのは誰?

現在公職選挙法で禁じられているインターネットを利用した選挙運動の解禁に向けた論点整理を原口総務大臣が指示したとのこと。

これまでも度々議論されてきたこの話題。HPやブログに熱心な若手議員や候補者にとってはネット解禁の流れは朗報かもしれませんね。

特に地方議員選挙で選挙中に候補者の実績や政策を知る術は今のところ街中での演説に出くわすとか個人演説会に行くとか選挙公報を読むくらい。

今現在もHPやブログも大切な情報源になってはいますが、選挙期間中の更新は認められていません。選挙中の候補者情報を知ることができれば、有権者の選択の自由が広がることは確かです。

ただし、懸念もあります。

ブログはまだしもHPは無料で作れる簡易なものから業者に頼んで数十万円かけて作るものまでかなりの差が出ます。

ページ数や動画・音声配信などの精度もさることながら期間中の更新作業などを考えるとお金持ちの候補者が有利になる可能性を否定できないのではないでしょうか。

この公選法改正案の提出時期について、原口大臣も「どこ(の選挙)に間に合うかは分からない」と言っているように、もう少し議論を深める必要があるかもしれません。

もちろん、それぞれの候補者がその内容で競うことが大前提です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

大黒亭のカレー中華

三条市内には老舗といわれるラーメン店や中華そば屋が多くあり、そのほとんどの店には「カレーラーメン」「カレー中華」なるメニューが存在しています。

そんなカレーラーメンが三条のご当地グルメとして市外の人たちにも知られるようになっていると聞きややびっくり。だって、子どものころから違和感なくメニューにあったし好んで食べてたし。

言われてみれば、東京でカレーラーメンをメニューで掲げているラーメン店は記憶にないかも。もちろん、そば屋には「カレー南蛮」などありますが・・・

091102_120602先日、久々に懐かしの味を楽しみました。

僕の母の実家は八幡宮(八幡さま)の西鳥居入口にあった吉熊米店。もう25年くらい前に廃業していますが、建物自体は存在しています。

三条まつりやお盆、年末年始などに母の実家への里帰りは幼少期の思い出です。

中でも楽しみにしていたのが、出前でとってくれた近所の大黒亭の中華そば。岡持ちから取り出されたラップのかかったラーメン丼を今でも思い出します。

その時よく食べたのが「カレー中華」でした。

当時、「チャルメラ」とか「サッポロ一番」をラーメンだと刷り込まれていた名古屋少年にとって年に1度か2度味わう大黒亭のカレー中華は“この世で一番うまい食べ物!”と思ったかもしれません。

高校時代も土曜日の学校帰りはよく通ったなぁ。上京してからも三条に帰る時は必ず食べに行きましたね。

ラーメンというよりはやや太目のひやむぎといった独特のストレート麺に絡みつくカレースープ。

100円プラスでカレーチャーシューを頼むのが大人になってからの楽しみです。

Dscf0680母の実家に泊まる時によく行った大黒亭から程近い銭湯。

煙突のみを残してきれいに解体されていました。また一つ、子どものころの思い出が消えていきます・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

三条高校同期会 東京支部

母校三条高校の同期生の集まりが久々にありました。

5~6年前くらいからでしょうか、東京や神奈川在住の同期生数名で半年に一度のペースで顔を合わせるようになったのは。

営業マン、企業の役員秘書、建築家、画家、IT関係・・・職種も様々でそれぞれキャラの立つ仲間たちと過ごす時間を僕も毎回楽しみにしています。

卒業から18年。家族を持ったり、仕事で成功したり失敗したり。

皆それぞれいろんなことを抱えながらがんばっているんだろうけど、この時ばかりは同じ時間を共有した仲間たちとのバカ話で嫌なことなんて忘れちゃいます。

この東京メンバーも参加するふるさと三条での同期会は夏と冬の年二回。

今年の冬も楽しみです。

いいですよね、こういう仲間って。大事にしていきたいです。

091031_183801今回の会場は仲間の一人が設計したという中目黒駅前にある韓国家庭料理の『とんまま』。HPもメンバーの一人が作成したとのこと。

料理やお酒も文句なし。韓国人スタッフも皆さん明るくテキパキしていてとっても雰囲気のいいお店でした。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »