« 入院です | トップページ | 離婚届 »

2009年12月 8日 (火)

新米パパの感想

『入院です』の記事を書き込んだ3時間後の7日午前3時、妻の陣痛がはじまり、病院へ。結局、誘発を行うことなく自然分娩での出産となり、サインした承諾書は必要なくなりました・・・

病室から陣痛室に移ったのが午後9時過ぎ。先生からは「お昼ころかな」と言われましたが、いやいやなかなか大変なものでした。

周期的におそってくる陣痛に「痛ったーいッ!」と病院中に響きわたるほどの叫び声を上げて苦しむ妻。精神的にもキツイのか涙をみせることも。

妻も僕も初めての体験だから、「もう限界!」ってことで助産師さんをたびたび呼んでしまいます。人手不足で忙しいだろうに嫌な顔せずにその都度「もう少しですよ~。大変だけどがんばって~」と励ましてくれた皆さんにはホントに感謝です。

そんな「もう限界!」と苦しむ妻と陣痛室に二人きりにさせられた僕は、助産師さんに言われるがままに腰のマッサージをやり続けるくらいしかありません。時々、「そこじゃなーいッ!」と怒られながら・・・

ようやく分娩室に移ったのは午後5時。

これまであんなに苦しんだのだから、分娩室に入ったらツルっと出てくると思ったら大間違い。さっきまでの苦しみとは一段階も二段階も違う感じです。

赤ちゃんの肩が引っかかっているようで、「骨盤を通れるかどうか」調べるためにレントゲンを取ることに。この時の車椅子での移動やレントゲン室でいろんな体勢をさせられた時が一番つらかったらしい。

レントゲンの結果は帝王切開の必要なし。

この移動が刺激したのか、分娩台に戻って20~30分くらいでしょうか、数十回目の“いきみ”でついにわが愛娘が産まれてきてくれました!午後6時49分、3500グラム。母子ともに健康です。

正直言うと、立会い出産にはやや否定的だった僕。仕事が忙しくしている時期ならばそれにカコつけて逃げていたと思う。

でも、立ち会えてよかった。

鬼の形相で“いきむ”妻の強さ、赤ちゃんとはじめて対面した時の観音様のような妻の表情。どちらも僕が初めて見た彼女の姿です。

「この二人のことを命がけで守らなければ」と心に誓った夜となりました。

091207_190601 PS.子どもの写真で年賀状をつくったり、携帯の待ち受けにしたりする友人たちに「親バカねぇ~」と冷ややかな視線を浴びせていた僕。あやまります、ゴメンなさい。どんなに周りが不細工だと言っても、ウチの子は世界一!

|

« 入院です | トップページ | 離婚届 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございますhappy02
素敵なパパになって下さいねっ!

投稿: Ayako@samui | 2009年12月 8日 (火) 13時07分

国定市長さんを筆頭に子育てパパが力を合わせて,元気な街を作ろう。子供たちのためにも。

投稿: パパ友 | 2009年12月 9日 (水) 18時28分

Ayako@samui さま、パパ友 さま

コメントありがとうございます。

“子どもたちの未来のために”なんてコトバを使うといかにもウサン臭く、わざとらしく聞こえてしまうかもしれません。

今の僕なら恥ずかしげもなく言いきれます。
“わが子のために、すべての三条っ子の未来のために、僕ら大人たちはしっかり三条を守り、つくっていきます!”って。

投稿: なごや☆ | 2009年12月 9日 (水) 22時31分

無事、出産よかったですね。女の子って男親から見ると本当、かわいいですよ。しかし、今、わたしの娘は小6
最近は「近寄らないで」と言われることもしばしば・・・・・
トホホな気分になることも多いです。

投稿: 受験生の子供を持つ親 | 2009年12月10日 (木) 19時57分

受験生の子供を持つ親 さま

いつもコメントありがとうございます。

「近寄らないで」と言われる日が僕にも来るんですね、きっと。今のうちにスキンシップ取っておきますdespair

投稿: なごや☆ | 2009年12月10日 (木) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/32531990

この記事へのトラックバック一覧です: 新米パパの感想:

« 入院です | トップページ | 離婚届 »