« 赤ちゃんのコト | トップページ | 連立完成! »

2009年12月 1日 (火)

キレる子どもとダブル担任

今朝の新聞各紙で伝えられた小中学校での暴力行為過去最多のニュース。中学校では4万件を超えたとのこと。

内容としては、生徒同士、器物破損、対教師などの順。

子どもたちの暴力行為増加の原因については、正確な分析が出来ていないのが現状のようですが、専門家のほとんどは「家庭教育」に注目しています。

「特にこの10年間の経済的な格差の拡大が家庭教育低下につながっていて、保育園での学級崩壊の現象がみられるようになったのも10年ほど前から」との分析も。

確かに学校での教育には制約や限界もあるし、家庭教育は子どもたちへの大きな影響を及ぼすと思います。

でも、「格差→家庭がすさむ→家庭教育低下」ってのはあまりにも短絡的では?

もっと格差があった時代もあっただろうし、「貧困層が暴力行為をふるう率が高いのか?」という疑問もあります。

僕が思うに、やはりネットや携帯による劇的な情報量増大の影響は否めません。

オトナたちの想像をはるかに超える暴力や性描写を子どもたちは目にすることができます。コミック本もものスゴイ!さらに殺戮バーチャルゲームなども子どもたちの現実と非現実を曖昧にしているのだと思います。

ただ、情報化は決して悪ではないし、現代社会には必要不可欠。その上で対策を講じなければならないということ。

悪質な有害情報への法整備や格差是正などについては政府に対策を任せるとして、「家庭教育」へのサポートは自治体や地域、学校との連携の仕組みを抜本的に見直すくらいのことが必要な時期かもしれませんね。

子どもは未来のたからもの―地域のオトナたちがよってたかって子どもたちを育むような意識も呼び起こさなければなりません。

そんな今の子どもたちへの対策の一つなのか、東京都の公立小学校では来年度から新人教員とOB・OGの再任用教員による「ダブル学級担任制」を全国で初めて実施することになりました。

基本的生活習慣が未熟な児童が騒いで授業が成立しない「小1プロブレム」への対応など新人教員の負担軽減と育成が目的ということです。

この取り組み、とても期待しています。

よく、「少人数制か複数教員制か」という議論になりますが、子どもたちの成長には断然「複数教員制」が効果があると思います。

「少人数制」では学力が近い子たちでクラス編成されることになり、自分の位置が見えにくい。自分より上の子がいるとか下の子がいるっていうのを知ることも大切なことだし、競争心も生まれない。

いろんなキャラクターのいろんなクラスメイトと接することで子どもたちの人格が形成されていくわけですから・・・

|

« 赤ちゃんのコト | トップページ | 連立完成! »

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

富裕層は教育の機会に恵まれ貧困家庭の子供との間に学歴の高低は生じるが、人としての教養の高低は関係ないと思う。現に世間を驚かすような事件を起こす子供が必ずしも貧しいとは限らない。[子供は大人の鏡]とか。心して子供に向き合わなければと思います。

投稿: 森のくま | 2009年12月 3日 (木) 18時49分

複数の教員で1つの教室を見るパターンは、僕の勤務している学校でもあります。でも、あまり効果が見られないのが現状です。やはり、教室には中心となる1人の担任がしっかりしていないといけないと思います。そのためにも、副担任のような中途半端な存在を置くよりも、クラスの数を増やして、クラスの人数を少なくした方が効果があると思います。実際に、勤務しているクラスでは、2クラスを3クラスに解体して、一気に効果が上がりました。

投稿: パパ | 2009年12月 5日 (土) 20時26分

パパ さま

コメントありがとうございます。

そうですか、現場の声としては「少人数制に効果あり」ということですね。

パパさんの言われるとおり「中心となる1人の担任がしっかりと」していれば少人数制も効果が上がるかもしれませんね。

記事には書きませんでしたが、複数制で心配な点ももちろんあります。

サブの先生は遅れを取る生徒をフォローします。しかし、フォローされた生徒の中には周囲の目を気にしたり、著しくプライドを傷つけられたりする子もいる。ほとんどの子がそうかも。

そんな気遣いもしながらの複数制は確かに簡単なことではありません。

複数教員制というのは歴史も浅く現場の先生が慣れていないのいうことも効果がみられないと感じられる要因の一つでは?

東京都の試みに注目してみたいと思います。


投稿: なごや☆ | 2009年12月 5日 (土) 22時02分

私もどちらかと言えば、少人数制クラスの方が良いような
気がします。1クラスに一人の担任の方が統制がとりやすいのでは? それに加えて教壇を復活すべしと思います。教える者と教えられる者が同じ平面上に位置しているのが、根本的におかしい。だから、子供に教師に対して友達的な感覚が生じるのだと思う。

投稿: 受験生の子供を持つ親 | 2009年12月 7日 (月) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/32441064

この記事へのトラックバック一覧です: キレる子どもとダブル担任:

« 赤ちゃんのコト | トップページ | 連立完成! »