« 世代交代を考える | トップページ | 20数年ぶりの「ローソクまつり」 »

2010年1月13日 (水)

これぞ新潟の冬

新潟市などに記録的な大雪をもたらした12月以来、ここ三条をはじめとした内陸部でも雪はほとんど消え、少し気を抜いていたのですが・・・

今日の新潟はスゴイ。ここ三条も朝9時過ぎくらいから吹雪いてきはじめて、“暴風雪警報”といういかにも恐ろしい響きの警報が出されました。

久しぶりですね、車を運転していて前が見えないという経験は。

ホントに怖いんです。霧の中を走っている感じ。前も後ろも見えなけりゃ、どこまでが道路でどこからが田んぼかも分かんない。

佐渡へ向かうフェリーはもちろん、新幹線・在来線や航空便にも大きな影響が出た模様です。私立高校の入試日が重なったから大変です。新潟市内は停電で大渋滞だったとか。

何しろ風が半端じゃありません。強風に混じった固めの雪が肌を突き刺します。

こんな日は外に出ちゃいけないのかもしれませんね。

雪が深々と降り積もってゆく景色は確かに情緒がありますが、この吹雪はふるさとに戻ったことを実感させてくれます・・・

|

« 世代交代を考える | トップページ | 20数年ぶりの「ローソクまつり」 »

ふるさと三条」カテゴリの記事

コメント

>こんな日は外に出ちゃいけないのかもしれませんね。

何を言っているのですか!!!
外に出なけりゃ仕事になりませんよ。

ちょうど9時、猛吹雪の中を20歳そこそこの女性がヤクルトのバッグを持って「おはようございます」と元気な声で会社へ入って来ていつものようにヤクルトを売っていました。

わが社の営業マンも、それぞれ自分の道具を持って猛吹雪の中を出掛けて行きました。
みんな小言も言わず黙って出かけて行くのですよ、三条の人たちは。

投稿: 元自民党員 | 2010年1月13日 (水) 22時39分

元自民党員 さま

コメントありがとうございます。

僕も早朝からはりきって外に出て活動をさせていただきました。吹雪の中ではありましたが、皆さんとても温かく対応してくれ感激です!それでもやはり運転は正直怖かったですね。

ただ、新潟の雪に慣れていない妻や産まれたばかりの子どもはこんな日はよほどの用事がない限りは家にいて欲しいと思ってしまいます・・・

投稿: なごや☆ | 2010年1月13日 (水) 23時42分

吹雪の中、君を見ました!
やっぱり36歳新人の意気込みはスゴイ
世代交代は世の流れかも。
ン十年三条の冬道を体験していても1シーズンに1,2回は背筋が凍るような思いをします。久しぶりの雪道、十分に気をつけて頑張ってください。大事を控えて事故ったら大変ですよ。

投稿: 雪だるま | 2010年1月15日 (金) 12時58分

雪だるまさま

コメントありがとうございます。

父の仕事の取引先の方、姉の同僚の方、母が通うクリーニング屋さん…たくさんの皆さんが僕の姿を見てくださったそうです。雪だるまさんも見てくれていたとは。うれしいです!

今のところ、ごあいさつと演説でいっぱいいっぱいで手を振る余裕などは全くありませんが、皆さんが見てくださっている、応援してくださっているということをしっかり受け止めながら訴え続けたいと思います。

投稿: なごや☆ | 2010年1月15日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/32970644

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ新潟の冬:

« 世代交代を考える | トップページ | 20数年ぶりの「ローソクまつり」 »