« コトバの重みと責任 | トップページ | 名古屋豊応援クラブが発足! »

2010年2月22日 (月)

長崎知事選で自公候補者勝利

7人の候補者が乱立した21日投開票の長崎県知事選挙で自民・公明が支援したの中村法道前副知事(59)が勝利。民主など与党3党推薦の橋本剛前農水省室長(40)を破る結果となりました。

60.08%という高い投票率からも鳩山総理や小沢幹事長の政治とカネの問題に対する世論の厳しい目が向けられていることが見て取れます。ちなみに前回の投票率は52.27%。

個人的にはこの選挙結果が今夏の参院選に大きな影響を与えることはないと考えますが、候補者本人への期待とかマニフェストの内容よりも国政の風で決まってしまう大型地方選の宿命に、若い橋本さんにやや同情してしまいます。

何を隠そうこの長崎知事選には、僕がかつて秘書として4年間務めた大仁田厚氏(52)も“参戦”!

Onitaatushi20100104t18_17_416thumbn知名度は一番だったかもしれませんが、“民主VS自民”という構図に埋没してしまった感がありますね。

短期集中型の参議院全国比例の選挙経験しかなかった大仁田さんが、一人区の地方選挙を戦うというのは長く厳しいものだったはず。周囲のご苦労も想像に難くありません。大仁田さんとスタッフの皆さんには心から「お疲れ様でした」と言いたい。

応援行けなくってスイマセンthink

|

« コトバの重みと責任 | トップページ | 名古屋豊応援クラブが発足! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/33480495

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎知事選で自公候補者勝利:

« コトバの重みと責任 | トップページ | 名古屋豊応援クラブが発足! »