« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月25日 (木)

名古屋市議会と三条市議会

名古屋市議会常任委員会で、河村たかし市長提案の議会改革条例改正案を否決されました。この改革案、議員定数を75から38、報酬を年間1633万円から816万円にそれぞれ半減させるというかなり大胆なもの。

名古屋という大都市で38という議員数が多いか少ないかは意見が分かれるところ。ここ三条市でも30が26に減るわけですが、名古屋市で「38に減らす!」という議論が行われてることを考えると、三条の26という数字はまだまだ削減の検討が必要であると個人的には思います・・・

報酬については、それこそ三条市議会議員の2倍以上の額だし、政令指定都市の中でも大阪市に次ぐ2番目の高額報酬ということですから、「削減すべし」との声はあがって然るべきでしょうね。

ただし、河村市長が国会議員時代から主張されている「議員はボランティア」という考えには異議があります。

ボランティアは報酬を得ない代わりに責任も伴いません。一部の組合や団体ではなくて広く有権者から選ばれた議員には大きな責任を果たす義務があります。

その報酬の額が市民からみて適当かどうかは地域によって違ってくるのだと思いますが、地域を走り回るのにも、見聞を高めるにも、自らの活動報告をするにも、すべて経費が伴います。議員活動が“金持ちの道楽”などと揶揄されないためにも適当な報酬は確保されるべきです。

河村市長の嫌う「職業議員」が名古屋市議会や三条市議会に何人いるのか分かりませんが、限られた報酬でやり繰りしながらお国のため・地域のために本気で取り組んでいる議員さんもたくさんいらっしゃいます。

いろんな立場・様々な世代の市民代表が政策を語り、進めていくような議会の存在が必要だと僕は考えます。

ただ一つ言えることは、もともと他の人とは全く切り口の違う河村たかしという男を名古屋市民が圧倒的に支持した事実があるわけで。その市長の改革案を圧倒的多数で否決した市議会を市民がどう判断するのか。河村市長は「リコールによって議会を解散し、市長も出直し選挙を行って信を問いたい」旨のことを言っているようですが・・・

三条市でも今日からちょうど一ヵ月後の4月25日に市議会議員選挙が行われます。

4年前に國定勇人という新しい発想と観点で三条の未来に立ち向かう30代の若きリーダーを誕生させた三条市民。その國定市長のもとで行われる初めての市議選。

一ヵ月後の市民の選択は、この三条の10年後・20年後も左右するとても重要な選挙。新しい三条に向かって新しい三条市議会を市民お一人お一人の力で生み出していただきたい、作り出していただきたい!

定数も30から26に減ります。どの人物に未来の三条を託すことができるのか、ぜひとも見極めていただきたいと思います!

名古屋豊が行く!-ふるさと三条に賭す-
Hp_10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

三条では成人式―水を差すのは野暮ってもんか!?

ここ三条では雪がとける頃の春分の日に「成人式」が行われます。

僕の頃もそうでした。もう16年も前のことになります・・・高校を卒業してすぐに上京、昼間働きながら大学の二部に通っていましたね。

卒業以来2年ぶりに会った三高の仲間、5年ぶりに会った四中の仲間。近況を報告しあい、期待に胸を膨らませて夢を語りあったことを懐かしく思い出します。

あれから16年。そのころの夢や志を果たした仲間はどれくらいいるでしょうか。厳しくつらい16年を過ごした仲間もいます。当時の夢は叶わなかったけど、新しい夢を実現したり、幸せな家庭を築いた仲間もたくさんいます。

そんな仲間たちが今、僕の志を支えてくれています。応援してくれています。

ハタチを迎えた皆さんにも10年後も20年後も支え合うことのできる仲間を大切にしてもらいたい。ハタチから見ればオッちゃんの域に達した先輩の願いですcatface

ところで・・・

成人式が行われる会場の出口付近で『おめでとうございます!4月25日は選挙に行こう!』って呼びかけを行う予定でいました。

しかし、その計画を偶然訪ねてきてくれた記者さんに話すと「昔、となりの燕でも同じことやった人がいましたけどね~」となんとも含みのあるおコトバ。要するにその時は反感を持つ方が多かったとのことで、効果としてはマイナスではないかということ。

確かにそうですよね。

せっかく旧友たちと久々に会い近況やら夢やらを語って、これから飲み屋に繰り出そうとするときに「選挙に行こう!」じゃぁ興ざめもいいところ。野暮ってもんです。

政治活動はどうしても自己チュウーになりがち。相手の立場や気持ちもよ~く考えて行動しないといけません。

“成人式おめでとう作戦”は中止です!

名古屋豊が行く!-ふるさと三条に賭す-
Hp_10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

熾烈な戦いに挑む!

未来の三条を切り拓くために、國定勇人という新しい観点と新しい発想を持つ若きリーダーを市民の手によって誕生させてから4年。その國定市長のもと初めて行われる三条市議会議員選挙まで一ヶ月あまりとなりました。

政権が交代し、国のあり方が変わり、そして地方のあり方も大きく変わろうとしています。

議員定数も30から26に減る中での市議選。議員一人ひとりの守備範囲や能力がこれまで以上に要求され、一方では有権者の投じる“一票の重み”が格段と大きくなります。

昨年の秋から三条に戻り政治活動をしている僕にとっては親戚縁者や同級生の手助けはもちろん、この活動を通してはじめて出会った方々の支えによって歩みを進めることができています。

そんな方々へのプレッシャーも少ないようです。あまり具体的なことを書くとバレちゃいますので書きませんが・・・

三条の場合はほとんど無所属で戦うわけですが、同じ政党や会派であっても皆ライバル。“血で血を洗う戦い”って感じです。

実績のない新人名古屋に期待を寄せてくれている皆さんと共にあと一ヶ月、突っ走るのみ!

名古屋豊が行く!-ふるさと三条に賭す-
Hp_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

6期23年で92回、5期19年で62回の一般質問

今週からはじまった三条市議会の三月定例会で今期で引退を表明している二人のベテラン議員が最後の一般質問に立たれました。

西沢慶一市議は6期23年で92回、田中寿市議は5期19年で62回(期数と年数が1年合わないのは合併によって任期が1年短縮したため)

お二人の一般質問に対する想いには感じ入るものがあります。

西沢市議いわく、「一般質問は議員にとって真剣勝負の場。一般質問は市長に対して是非を問う場。そのためには自分も勉強するし、先進地があれば視察に行って確かめる。自治体学校にも毎年通って勉強し、常に先の先を提案してきたつもり」と。

田中市議いわく、「議員の中には二十年で一回くらいしか質問しない人もいる。一般質問では市長の答弁、市長の姿勢を聞きたい。委員会では細かいことを審議できるが、所属委員会以外のことには口を出せない。だから一般質問が大切」と。

“最後の質問”は後進に道を譲った者だけに許されたもの。だって、選挙で落選した場合は自らの本意ではないのに結果的に最後の質問になってしまうわけですから。

お二人の質問の様子を記事で読みながら、田英夫氏の“最後の質問”を思い出しました。

長きにわたる国会議員生活を振り返りながら淡々と反戦を説く矍鑠としたあの姿。与野党問わず、委員会室にいた者すべてが田氏に送った惜しみない心からの拍手がいつまでも鳴り止まなかったあの光景は今でも脳裏に焼きついています・・・

次期選挙で定数が30から26に減る三条市議会。西沢市議・田中市議の姿勢を受け継ぐべきは受け継ぎ、さらに発展させるべきは発展させ、新しい三条に向けた新しい三条市議会を市民の手によって作り出されることを切に望みます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

ウチの子 一昨日で三ヶ月

長女が産まれて一昨日で三ヶ月。一ヶ月目、二ヶ月目から飛躍的に育っちゃってる感じです。
新米パパの感想(09.12.8)
ウチの子 今日で一ヶ月(10.1.7)
ウチの子 今日で二ヶ月(10.2.7)

100304_202701夜のオッパイとオムツ替えの回数は少し減ったかもしれません。うまくいけば朝方に一回という時もあって、まずまず眠ってくれるようになりました。孝行ムスメです。

それから、やたらとケラケラ笑うようになりました。たまりませんね。

一人で一生懸命お話しもしています。「ウィー」とか「ワァー」とか「きゃぁー」とか。

少し困ってるのはオムツが汚れてもあまり泣かなくなったこと。

慣れちゃったんですかね?

オムツが汚れたまま絶え間なくムニュムニュと動くもんだから洋服まで汚れちゃうわけですsad

定期的に見てあげなきゃいけないってことですよね。きっと。

なんといっても大きな変化は首がほぼ座ってきたこと。

帰郷の際いただいたお下がりのベビーカーにも乗れるようになりました。留守番をするためにようやく雪が消えた自宅と事務所までの道のりをママと一緒にやって来るのがここ最近の彼女の日課です。

スーパーのベビーカーもOKとなったのでスーパーデビューも果たしちゃいました!色とりどりの商品に興味津々の様子でした・・・

こうやって一つずつデビューを果たしていくわけですね。

一日一日、身心ともにデカくなっていく彼女の姿は、決戦までひと月半に迫ってつり上がってしまっている僕の目を緩めてくれます。

名古屋豊が行く!-ふるさと三条に賭す-
Hp_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

愛子さまが不登校

学習院初等科に通う敬宮愛子さまが、今週学校を続けて欠席されたとのこと。その理由は、男子生徒からの乱暴。

宮内庁が学校側と原因を調査したところ、愛子さまを含めた複数の児童が、同学年の別のクラスの男子児童たちから乱暴を受けていることが分かったそうです。

このニュース、一般論としては“よくある話”にも思えますが、宮様が不登校となると宮内庁も学校も慌てますよね。

宮内庁は「学校側はすでに対応策を講じている。特定の児童が被害に遭っているわけではなく、いじめに当たるとは考えていない。効果が発揮され、不安感が早く払拭されるよう願っている」とコメント。

ここ三条市でも不登校の子どもの数は多く、市では青少年育成センター内に教員OBなどの構成による適応指導教室を設置してその対応にあたっています。

その目的は学校復帰―学校教育を管理運営する立場の三条市としては「学校に戻すこと=不登校対策」ということになります。当然のことです。

しかし、そんな適応指導教室に適応しない子どもたちもいるわけで・・・

行政が子どもたちにどこまで責任を持つか?とても難しい問題です。

ただ、学校にも適応指導教室にも行かない子どもに対してもやっぱり行政としての責任はあります。その責任とは「学校に戻す」ことではなく、子どもの未来を方向付けてやること。

“不登校・いじめ対策”と誰もが簡単に口にするけどこれほど奥深く難しい問題はありません。

僕にも答えは見つからない。ただ一つ言えるのは、もがき苦しむ子どもたちやご家族に多くの選択肢を示してあげることが大切だと思います。

行政としての限界もあるでしょうが、考えられることはすべて講じるべきです。未来を築く子どもたちのために。

名古屋豊が行く!-ふるさと三条に賭す-
Hp_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »