« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月20日 (木)

初議会、半日で終わる

Photo1本日、平成22年三条市議会第2回臨時会が行われ、議長・副議長や委員長の互選などが行われました。僕は総務文教常任委員会、議会運営委員に所属することに。

当初2日間が予定されていた臨時会でしたが、事前の調整がスムーズだったためか議長指名による互選で議事が進行したため、5つの専決処分(市長が議会の決定を通さずに処理をすること)の質疑・答弁を含めて午前中に終了しました。

これからの日程としては、議会側で設定した新人研修や会派で行う行政視察・勉強会などを重ね、6月半ばに予定されている定例会に向けて準備を進めていきます。

それにしても、やはり今日は緊張しましたbearing

新人ですから議席は最前列。前を見れば市長・副市長をはじめとした理事者がズラッと並んでいるし、後ろには大先輩議員が控えているし・・・

ある人に「浮いてました?」と聞いてみたら、「いやいや、初々しかったですよ」とのお答え。モノは言いようです。

Photo4とにかく、はじめてのことばかりで戸惑いもありますが、先輩議員や事務局の方々に教えてもらいながら、一日も早く議場に溶け込み、自然体で議場の演壇に立てるように努力します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

参院選・自民党公認候補者を応援!

朝7時に自宅を出発、県庁近くの自民党新潟県連へ。7月の参院選で自民党公認で立候補を予定している中原八一の応援のためです。

Img_3371_2先般の僕の選挙で個人的に応援に入ってくださった自民党新潟県連青年部長の塩谷ときお南魚沼市議の要請にお応えし、夕方の5時まで「新潟市街→旧亀田→旧新津→加茂→三条→燕→旧吉田→旧岩室→旧巻→新潟市街」となかなかのハードスケジュールを敢行!

三条高校同期生(東京時代の飲み仲間でもある)の妹で同校の4つ後輩の金子めぐみ新潟市議もご一緒。彼女にも選挙期間中に応援に入ってもらったり、ビラに推薦メッセージを寄せてもらったりと大変お世話になりました。

鳩山政権が崖っぷちに立たされた中、公示まであと1ヶ月ほど、投票日まであと2ヶ月ほどと迫った参院選。この国の将来を左右するとても重要な選挙にもかかわらず、マスコミの関心はもっぱら与野党乱立するタレント候補のことばかり。ホント、この国大丈夫?

中原八一氏は議員秘書を経て自民党本部で党務を積み、その後35歳の若さで新潟県議となった逸材。4期15年の県政での経験と実績は国政での即戦力として期待を持てる人物です。

それにしても参議院議員というのは有権者にとって最も遠い存在かもしれませんね。

新潟県下全域が選挙区なわけですから会合などへの出席も限度があります。任期中6年間、センセにお目にかかれない県民の方が圧倒的に多いはず。新潟県の現職4人(3年ごとに2人改選)の参議院議員の名前を言える人も少ないかもbearing

自民党から民主党への乗り換えた現職、その民主党と連立を組む社民党所属の現職に挑む中原氏。“県民に最も近い存在の参議院議員”目指してガンバレ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

10年ぶりの三条まつり

毎年5月15日は三条市八幡宮の春季例大祭。そのメインが文政5年(1822年)より受け継がれる神輿渡御に伴う10万石格式の大名行列です。

母親の実家がこの八幡宮裏門で米屋を営んでいたこともあり、子どもの頃から三条まつりにはかなり親しみを感じていました。

普段は静かな八幡様が年に一度、華やかな別世界に!

決して大きくはない境内に所狭しと並んだ露天。奥の公園の怪しげな見世物小屋には長い行列。老若男女、人が途切れることはありません。

前夜の宵宮からテンションが上がりっぱなしだった子ども時代を思い出します。

中学のころ、友だちと一緒に学校をサボってまつりに出かけ、こっ酷く担任のセンセに怒られたことも今ではいい思い出ですhappy02

そんな“お祭り大好き少年”も高校生になると足が遠のきましたね。なんとなく、「祭りなんて中坊までさッ」的な雰囲気があって。

以来、ご縁のなかった三条まつりでしたが、今からちょうど10年前、久々に参加の機会がありました。

当時生後9ヵ月の姪っ子が「舞い込み」に出たいというので僕に白羽の矢が!

Sany0054「舞い込み」とは、大名行列が境内にもどって来た時に行われるもので、肩車された幼児が天狗様・神輿・太鼓と一緒に境内を3周回った後にお宮に入り、無病息災を祈るというもの。

姪っ子のおかげで、中学卒業して以来約10年ぶりの三条まつりを体感させてもらった次第です。

あれから10年。時は流れて今年は5ヵ月になる自分の娘を肩車をして「舞い込み」に参加。

カレンダーの巡り合わせが良く土曜日開催になったということもあって、例年よりもかなり参加の親子も多く、さらにはその家族や一般客で境内もいっぱい!とても活気のある賑やかな「舞い込み」となりました。

Dscf0688 宵宮も寒空にもかかわらずものスゴイ人出だったのですが、僕思ったんです。「三条もまだまだ捨てたもんじゃない」って。

子どもたちも僕らのような若い世代も、そして年配の方々もみ~んなが歴史ある三条まつりを楽しんでいる姿や何十年もまつりに携わってきたような八幡様の氏子さんや地元のみなさんとサポーターの若衆会も世代を超えてまつりを挙行する姿にこのまちの力強さとか可能性を感じたといいますか・・・

ところで、僕が10年前に肩車した姪っ子も5年生。姉が「おまつり連れてって」とお願いされたそうですが、「友だちと行くから送り迎えだけでいいからね」だって。姉は「ついこの前まで“ママ、ママ”って言ってたのに」と寂しそうweep

Sany0053_3
あと何年、ウチの子肩車できるかな

Nn_6

10年前の姪と僕(若い)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

ウチの子 今日で五ヶ月

長女が生後五ヶ月を迎えました。
新米パパの感想(09.12.8)
ウチの子 今日で一ヶ月(10.1.7)
ウチの子 今日で二ヶ月(10.2.7)
ウチの子 一昨日で三ヶ月(10.3.9)
ウチの子 今日で四ヶ月(10.4.7)

思えば、この世に誕生してから20日も経たないうちに吹雪の中を東京・小金井から三条に連れてこられ、なんにも分からないまま親父の選挙に巻き込まれた彼女。ホント、ごめんね。

それにしてもこの一ヶ月、ものすごい成長ッ!手足を激しくバタつかせたり、デッカイ声だしたり。

選挙後半には妻と一緒に僕の代わりに奔走したり、見たことがない大人たちがたくさん集まる選挙事務所でお留守番したり・・・選対会議や出陣式、打上式にも泣かずに出席。なかなかの大物です(^0^)

選挙が終わっても僕自身は忙しい毎日が続いていて、やっぱり妻に子育てのほとんどをまかっせっきりのダメな父親ではありますが、それでもオムツ替えやお風呂などやれる限りはやっています。

“寝返り”を妻や親戚のおばちゃんたちには披露したと聞き、「父ちゃんにも見せてぇ~」と懇願するもなかなか見せてくれません。ちゃんと面倒見てくれない父ちゃんに意地悪してんのかい?

するとこの連休、ついに“寝返り”を目撃!

100507_084601彼女もコツをつかんだらしく、放っておくとゴロンッ。うつ伏せで苦しいらしく、「ヴっ~」と泣き声で助けを求めてきます。直してあげるんですが、振り返るとまたゴロンッ。再び「ヴっ~」。

彼女の寝返りに一日中付き合ってあげるわけにもいかず、両脇を座布団で固められ“寝返り”ができないようにされちゃったりしています。オトナとはなんとも身勝手であります・・・

表情もどんどん豊かになってます。

呼びかけに笑顔を見せることも多くなりました。ウチの子に限らず、小さい子の笑顔は周りを幸せにしますよね。

施設に入っている祖母の妹。僕にとっては大おばさんってことになります。ウチの子にとっては何?よく分かりませんが、血がつながっていることは確かです・・・

大おばには僕も子どものころ世話になりました。もう何年もご無沙汰していたその大おばを祖母と妻と娘と一緒に訪ねてきました。

94歳と90歳の大婆たち、本当に嬉しそうでした。なんとも微笑ましい光景でしたhappy01

今日の午後は百日写真(もう百五十日写真になっちゃいました)の取り残しの撮影とBCG予防接種。父ちゃんにも負けないハードスケジュールをこなす毎日のウチの子です・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »