« ウチの子 今日で五ヶ月 | トップページ | 参院選・自民党公認候補者を応援! »

2010年5月16日 (日)

10年ぶりの三条まつり

毎年5月15日は三条市八幡宮の春季例大祭。そのメインが文政5年(1822年)より受け継がれる神輿渡御に伴う10万石格式の大名行列です。

母親の実家がこの八幡宮裏門で米屋を営んでいたこともあり、子どもの頃から三条まつりにはかなり親しみを感じていました。

普段は静かな八幡様が年に一度、華やかな別世界に!

決して大きくはない境内に所狭しと並んだ露天。奥の公園の怪しげな見世物小屋には長い行列。老若男女、人が途切れることはありません。

前夜の宵宮からテンションが上がりっぱなしだった子ども時代を思い出します。

中学のころ、友だちと一緒に学校をサボってまつりに出かけ、こっ酷く担任のセンセに怒られたことも今ではいい思い出ですhappy02

そんな“お祭り大好き少年”も高校生になると足が遠のきましたね。なんとなく、「祭りなんて中坊までさッ」的な雰囲気があって。

以来、ご縁のなかった三条まつりでしたが、今からちょうど10年前、久々に参加の機会がありました。

当時生後9ヵ月の姪っ子が「舞い込み」に出たいというので僕に白羽の矢が!

Sany0054「舞い込み」とは、大名行列が境内にもどって来た時に行われるもので、肩車された幼児が天狗様・神輿・太鼓と一緒に境内を3周回った後にお宮に入り、無病息災を祈るというもの。

姪っ子のおかげで、中学卒業して以来約10年ぶりの三条まつりを体感させてもらった次第です。

あれから10年。時は流れて今年は5ヵ月になる自分の娘を肩車をして「舞い込み」に参加。

カレンダーの巡り合わせが良く土曜日開催になったということもあって、例年よりもかなり参加の親子も多く、さらにはその家族や一般客で境内もいっぱい!とても活気のある賑やかな「舞い込み」となりました。

Dscf0688 宵宮も寒空にもかかわらずものスゴイ人出だったのですが、僕思ったんです。「三条もまだまだ捨てたもんじゃない」って。

子どもたちも僕らのような若い世代も、そして年配の方々もみ~んなが歴史ある三条まつりを楽しんでいる姿や何十年もまつりに携わってきたような八幡様の氏子さんや地元のみなさんとサポーターの若衆会も世代を超えてまつりを挙行する姿にこのまちの力強さとか可能性を感じたといいますか・・・

ところで、僕が10年前に肩車した姪っ子も5年生。姉が「おまつり連れてって」とお願いされたそうですが、「友だちと行くから送り迎えだけでいいからね」だって。姉は「ついこの前まで“ママ、ママ”って言ってたのに」と寂しそうweep

Sany0053_3
あと何年、ウチの子肩車できるかな

Nn_6

10年前の姪と僕(若い)

|

« ウチの子 今日で五ヶ月 | トップページ | 参院選・自民党公認候補者を応援! »

ふるさと三条」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。私も舞い込み行ったよnote名古屋くんらしき人を見かけた気がしたんだけど、本人だったのねhappy02真ん中の子どもの舞い込みから6年ぶりだったけど、神社の新しさと変わらずの活気に感動して帰ってきました。次の参加は孫の時かなぁcoldsweats01

投稿: ゆかりんりん | 2010年5月16日 (日) 20時41分

ゆかりんりん さま

あら、いらっしゃってたのね。

当日は國定市長もまったくの普段着で参加されていた模様。妻が気付きました・・・

お孫さんといわず、4人目を目指してみてはいかがでしょhappy02

投稿: なごや☆ | 2010年5月17日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/34720528

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ぶりの三条まつり:

« ウチの子 今日で五ヶ月 | トップページ | 参院選・自民党公認候補者を応援! »