« 初議会、半日で終わる | トップページ | 堂々巡り―原口総務大臣のおコトバ »

2010年6月 1日 (火)

また政局ですね

304602_c185_2確かに鳩山総理の場当たり的なコトバによって普天間や辺野古の地域住民、沖縄の方々を翻弄させてのは事実。さらにはわが国の安全保障を極めて難しいものにしてしまった総理としては辞任すべきでしょうね。ま、鳩山総理が辞任したところで、なんの問題解決にもならないわけですが・・・

それにしても腑に落ちない。鳩山総理以外の皆さんの責任は問われないの?

まず、福島前大臣。

「社民党は筋を通した!」って威張ってらっしゃるけど、内閣のなかにいて鳩山総理の迷走を止められなかった責任は?それこそ社民党が政権を離脱したところで県外移設に向かうわけでもないわけで。

結局、実現の難しい耳障りのいいことを言い続けるためには野党の方が楽ってことでしょうか。

他の閣僚はこぞって総理の擁護する発言をしているようですね。“一蓮托生”ってことでしょうか。内閣としては悪くない姿です。だけど、普天間問題をこれほど大きな政局にしてしまった責任は閣僚一人ひとりにも突き付けられて然るべきだと僕は思うんです・・・

ところで、わが国の政局をアメリカや中国、北朝鮮など諸外国はどのようにみてるんでしょうかね。

安倍、福田、麻生とクルックル変わる国のトップ。そしてマスコミと世論を味方につけて完膚なきまでに自公政権をぶっ潰した民主党が誕生させた鳩山政権も半年ちょっとでこの状態。

誰が考えても信頼される国とは言えませんよね。中国や北朝鮮にはつけ入るスキを与えちゃってますし。外交力は落ちるところまで落ちたって感じです。

ニュースでは退陣を迫る改選の民主党議員も野党議員も「鳩山退陣か、続投か?」「参院選後の政界再編どうなる?」ってことばかり。この光景を沖縄の人たちはどんな思いでみてらっしゃるんでしょうね・・・

|

« 初議会、半日で終わる | トップページ | 堂々巡り―原口総務大臣のおコトバ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/34997575

この記事へのトラックバック一覧です: また政局ですね:

« 初議会、半日で終わる | トップページ | 堂々巡り―原口総務大臣のおコトバ »