« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

金子めぐみ新潟県議誕生!

100730_0930010001おめでとうございます!

三条高校の4学年後輩で同校同級生の妹でもある金子めぐみさん。本日告示された新潟県会議員補欠選挙での無投票当選が先ほど午後5時に決まりました。

ギリギリまで対立候補擁立の動きもあり、予断を許さない状況でしたが、来春の統一地方選で本選がすぐにやってくるということもあり、今回は見送ったということらしい。

今朝ほど行われた出陣式には小雨降りしきる中、地元の大勢の支援者や新潟市議時代の多くの同僚議員の方々が出席。彼女に対する期待の大きさを強く感じました。

政令市である新潟の市議を務めていたとはいえ、県議となると仕事の幅も量も変わってくるだろうし、プレッシャーもあるだろうけど、努力家でフットワークも軽い金子さんであれば必ず期待に応えてくれるはず。

8ヵ月後に控える本選に向けて、地道に活動してほしいと思います。

それにしても、無投票でも告示日の一日だけは選挙活動をしなければならないから大変です。

選挙カーを仕立てたり、ウグイス嬢を頼んだり、ポスターをつくったり・・・

ムダなことのように思えますが、それでも自分の目指すべき政策を語ったり、顔や声を有権者に届けるという作業はたとえ一日でもやっぱり必要です。

「固定票があるから選挙活動を一切しない」と胸を張るセンセもいらっしゃいますが、有権者に政策も語らずして議員になってしまうということは問題だと思うんですよね。

わが三条市でも10月31日に市長選挙が行われます。

現時点で出馬を表明している方はいませんが、この三条の10年後20年後を見据えた政策論争が行われ、有権者が未来に希望を持って投票できるような選挙となることを心から望みますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

“打ち水”のススメ

日本列島を襲う連日の猛暑。ここ三条も例外ではなく、うだるような暑さが続いていますsunsunsun

About_photo01そんな暑さ対策の一つが「打ち水大作戦」。特に、アスファルトに覆われた全国の都市部で数年前から流行っていますよね。

日時を決めて一斉に行うこの「打ち水大作戦」で気温を2℃下げようという社会実験。実際の効果ももちろんですが、市民の環境意識を高める効果もあるんでしょうね。きっと。

三条でもやったらいいのに。

Syousetu300ここ三条では幹線道路はもちろん、コンビニの駐車場や企業の玄関先に至までかなり高い割合で消雪パイプが普及しています。

冬場は毎日のように活躍をする消雪パイプの夏場の活用してを考えてみては?民間の協力を呼びかけて一斉に放水!

悪くないアイデアだと思うんですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

高校同期会迫る

お盆の8/14、高校卒業以来18年ぶりの同期会を開催すべく準備を進めてきました。

400数十名の同期生と三年時の担任・副担任20名の先生方への往復ハガキでの案内。

現在の所在地が分かっている人はそこに送りますが、ほとんどは卒業アルバムと4年前に発行された同窓会名簿を手がかりに送るしかありません。

18年も経過していますので、実家が転居している人も少なからずいて、そういう場合にはもう連絡が取りようもなかったりします。

〆切を過ぎた現時点で出席者は80名。

海外で活躍しているとか、あいつとあの子が結婚したとか、東京でおしゃれなカフェをやっているとか・・・欠席の返信をくれた人たちも近況を書き添えてくれたりして、それぞれの18年を垣間見ちゃう感じです。

開催がお盆真っ只中ということもあり、先生の出席は少なめですが、ほとんどの先生が近況をお寄せくださいました。定年を迎えて第二の人生を悠々と楽しんでいらっしゃる先生が多いようです。

ただ、中にはお亡くなりになった先生も。僕にとっては印象に残る先生だったのでやはりショックでした。

数年前に亡くなった同期もいます。

僕は亡くなったことを知っていたけど、今回の同期会で初めて知る人たちも多いんでしょうね・・・

ともあれ、卒業後初めての大規模な同期会。なんとしても成功させねばッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

三条東ベスト4!―高校野球新潟大会

姉夫婦の母校、その息子(僕の甥っ子)が通う県立三条東高校が4-3の逆転勝ちで六日町を下しベスト4に!

自身の母校である三条高校は今まさにベスト4を目指して試合中の新発田農業に4回戦で1点差で惜敗しましたがweep

まずは母校を応援し、母校の姿が消えると何か自分との関係性を探して次の“ごひいき”を見つけて楽しむのが夏の楽しみ。

東高は三高の次にシンパシーを感じる学校。多くの身内や友人の母校でもあるし、家からも歩いていける距離だし。

去年の甲子園では日本文理が新潟勢初の決勝進出を果たし、驚異的な粘りで新潟出身者のみならず全国に感動を巻き起こしました。

行け、東高ナイン!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

“次代の星たち”と会う

この新潟を、いや、この日本を背負ってゆく可能性のある若きお二方とお会いする機会がありました。

一人は新潟アルビレックス所属の酒井高徳(ごうとく)選手。

三条市出身の酒井選手は先日閉幕したFIFAワールドカップ日本代表のサポートメンバーとして19歳ながら帯同。将来の日本サッカー界を担う若手選手として期待をされています。

100719_175801_2昨年発足したという酒井高徳後援会の総会と帰国報告会に声をかけていただき、伺ってきました。

あいさつやインタビューの受け答えの中で何度も両親(特にドイツ人の母親)への感謝のコトバを口にする彼の姿にはとても好感をもてましたね~。

「帯同して日本のトップを知ることができた」という彼の経験も素晴らしいけれど、「自分のレベルがまだまだだということが分かった」と冷静に自らの実力を分析してみせる酒井選手に大きな期待感が沸きました。

そんな彼を地元の皆さんが支える。ジュニア時代から知っている人も、それから僕みたいな新参者も・・・

家族のため、サポーターのため、そして何より自分のためにしっかりと練習を積んで日本を代表する選手に成長してもらいたいですねッ!

もう一人は今月30日に告示される新潟県議補欠選挙に出馬表明している金子めぐみ前新潟市議会議員。

現職の急死に伴い行われる新潟市南区選挙区(定数1)で挑む彼女は高校の4年後輩にあたり、彼女のお姉さんと僕とは高校の同級生です。

高校の後輩ではありますが、市議としては先輩の金子さん。僕が市議選に挑戦する際には応援メッセージを寄稿してもらったり、選挙本番では選挙カーでマイクを握ってくれたり。

彼女はあの“美しすぎる市議”をもしのぐ美形と評され、マスコミにも取り上げられることもあるようですが、キレイなだけじゃありません!

初めて事務所にお訪ねしたとき、彼女は約束の時間をかなり回ってから「申し訳ありません」と駆け込んで来ました。その後も携帯がちょこちょこ鳴ったりして・・・

その姿から、彼女がいかに真剣に仕事に取り組んでいるのか、市民の負託に応えるためにどれだけ目まぐるしく立ち回っているのか、瞬時に知ることができました。

「何か持ってるな、この人」って思いましたね、その時。

今回の出馬、なるべくしてなったという感じです。

若いからだけでなく、キレイだからだけでなく、彼女の働きぶりと将来性に周囲の皆さんが期待をしているということ。

衆議院選挙区で全敗している自民党新潟県連。自民党党籍を持つ彼女には県議の先を期待する声も多い!?

酒井高徳選手、金子めぐみ氏。将来を大いに期待され、その期待に応えようと愚直な努力を惜しまないストイックなまでの若い二人を心から応援したい!

負けずに頑張らねば。だいぶレベルが違いますがcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

参院選

Kan昨日の夜から今朝にかけ、うとうとしながらもテレビの開票番組とパソコンの開票速報にかじりつきでした。

結果は事前の報道通り。民主が選挙区で苦戦、自民党が一人区で巻き返し、みんなの党が大躍進、その他の小党は埋没・・・

個人的には、事前や選挙期間中に街頭演説や遊説活動などを中心に応援をしていた新潟選挙区の中原八一さんが当選したことや、多くの秘書仲間が必死に支えたセンセたちが再選や返り咲きを果たしてホッとしています。

比例区では、応援していた三人のうち、この数ヶ月組織をあげて全国で集会を重ねてきた方のみが当選。僕も家族も投票した方は一歩及びませんでした。

比例区といえば・・・40万の得票があっても落選の人もいれば3万台でも当選の人もいる、というこの選挙制度。これってやっぱり問題だと思うんですが。定数削減議論も含め、制度についても早急に見直すべき!

それから、ここ新潟もそうですが、自民党が一人区をはじめとした選挙区で勝利したのは大きな意味があります。党執行部や候補者本人が原点に立ち返って、徹底的に足で稼いだ結果では。

地方では自民系議員がまだまだ多い中、来春の統一選まで一年を切っているということで県議や市議がそれぞれ本気を出したことも大きいでしょうね。

それにしても、菅総理が選挙結果が出る前から早々に「退陣しない」としたのはいかがなものか。

一国の総理がコロコロ変わることには僕も反対です。政党選挙なわけだから、選挙を取り仕切る幹事長や選対委員長がその責めを負えばいい。

でも、今回の敗北は明らかに菅さんの「消費税10%」発言が要因。

「自民党を参考にする」などと唐突に10%と言い出し、支持率が下がるや「所得制限」を持ち出す。その額も二転三転・・・

総理のコトバは何よりも重いということを鳩山前総理から学んでいないといわざるを得ません。多くの有能な候補者を落選させてしまった一因がご自分にあると思ってらっしゃらないのか。

少なくとも、結果が出る前に「退陣しない」などと予防線を張るのは国を背負っていくリーダーとしての資質が問われると思います。

それと神奈川選挙区で破れた千葉景子法相を「行政の継続性」を理由に民間登用をするとかしないとか。

神奈川県民をバカにしてんのかッ!

外国人参政権や夫婦別姓に大賛成で、さらに拉致に関与したといわれる辛光洙(しんがんす)朝鮮工作員の釈放を求める署名をした法務大臣の千葉氏に対してノーが突きつけられたのは明らか。

「行政の継続性」ですと!?

9月の民主党代表選まで閣僚を代えたくないだけでしょ?

「行政の継続性」などというあたかも理がありそうなコトバで国民をまやかさないでもらいたい。

Jimin最後に、「1ばんッ!」と指を突き立てて満面の笑みだった谷垣総裁をはじめとした自民党執行部の方々に言いたい。

自民党はこの勝利で国民の信頼が回復されたわけでないことを忘れないでいただきたい。比例での選挙結果がそのことを如実に表しています。

アメリカで政策をみっちり叩き込まれてきた小泉進次郎氏をCMや客寄せパンダ要因で使うのではなく、重要ポストに大抜擢し、“真の自民党の顔”にするくらいの劇的な変革を起こさない限り、自民党の復権は難しいのでは。

来春の統一地方選に向けたこれからの自民党にも注目eye

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

投票に行こう!

100710_1420010001_2昨日は選挙区候補者の応援で、現職参議・前衆議と共に新潟市で最終の街頭演説を行いました。

公示日から17日間、事前の活動も合わせたら他の選挙よりも長期にわたる参議院議員選挙。どの陣営も今朝は“人事を尽くして天命を待つ”の心境だと思います。

それにしても今流れているテレビのニュース番組のトップが「本日、大相撲名古屋場所開幕」というのは少々情けない・・・

情勢としては、菅総理の「消費税10%」発言によって民主党単独過半数という前宣伝が覆りそうだとのこと。

それでも比例区では民主党がある程度確保し、自民党はそれほど伸びしろなし。みんなの党が躍進の見込みという。

注目すべきは、「一人区で自民党圧勝の勢い」という点。

北陸のとある県の自民党候補者は現職で戦った3年前の参院選で敗れた若手の元職。当時秘書を勤めていた彼の弟は親しい秘書仲間の一人で、4月の僕の市議選の際にも地元から数時間かけてわざわざ手伝いに来てくれた間柄。

この3年間、広い県内をくまなく回って名前と顔を売ることはもちろん、信頼を大きく取り戻したこの候補者。事前の調査では◎印とのこと。

他の一人区でも自民党候補者が優勢というのは候補者が地元回りにかなり力を注いだ結果だと見るのが妥当なところでしょう。

デカは「現場100回」が基本だそうですが、選挙も「地元100回」ってことなんでしょうね。

ところで、ここ三条市では期日前投票が前回を上回ったようですが、大相撲野球賭博問題やワールドカップの影響もあってか、有権者の関心がイマイチ上がっていません。

どこの政党に入れろとか、誰に投票しろとか、野暮なことは言いません。ぜひ、投票に行ってください!

誰に入れても同じ―そんなことはない。自分の一票から世の中大きく変わることだってありますよ、絶対。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

新風NEWS(しんぷう・にゅ~す)作成中

4月25日の市議選から早2ヵ月半が経ちましたが、ここまで選挙前のように市内を駆け回る時間がなかったのが現実。

しか~し、初めての定例会が終わって一週間、参院選も明日で終了です。来週からは市政報告をしなくてはッ!

ということで、今週は参院選のお手伝いの合間に『新風NEWS』と名付けた市政レポート作成に奮闘中。

100709_174901_3市議選での広報物はイラレで自分でラフなイメージを作り、仕上げはお願いをしていたわけですが、経費の問題もあり、今回はすべて一人で完成させなければなりません。

デザイン、校正、記事内容・・・ホント、大変な作業です。

それでも、ブログやHPではまだまだフォローできていない市民の皆さんにはやっぱり紙媒体で活動や考えを知ってもらうしかありません。

参院選の日曜日には何とか形にするべく、がんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

ウチの子 今日で七ヶ月

Sany0086_32010年も早いもので折り返しを過ぎましたね。あっという間です。

そして、ウチの子もあっという間に七夕の今日生まれて七ヶ月。あっという間です。
新米パパの感想(09.12.8)ウチの子 今日で一ヶ月(10.1.7)ウチの子 今日で二ヶ月(10.2.7)ウチの子 一昨日で三ヶ月(10.3.9)ウチの子 今日で四ヶ月(10.4.7)ウチの子 今日で五ヶ月(10.5.7)ウチの子 今日で六ヶ月(10.6.7)

この一ヶ月の成長にも目を見張るものがッeye

・ママが美容院や歯医者で数時間家を空けても父ちゃん(僕)と留守番できるようになりました。
・父ちゃんから離乳食を食べさせてもらえるようになりました。
・NHK教育テレビを観ながらはしゃいでます。
・「マっマ」とはっきり呼べるようになりました。(残念ながら「パっパ」とは呼ばず)
・寝返りが両回り・何回転でもできるようになりました。
・前進はムリだけど、お腹を基点にして四方八方に移動できちゃいます。(もうすぐハイハイ?)
・一人遊びをかなり長い時間できるようになりました。
・ニョキニョキの2本の下の歯を自分で磨けるようになりました。
などなど

昨日はママと二人で小児用肺炎球菌ワクチン注射を打ちに。これまでの予防接種では他の子がワンワン泣く中で平気な顔だったウチの子も今回は大泣きだったらしい。

ママが入浴中など、この世の終わりのような泣き声でまだまだ父ちゃんを困らすことの多い娘ですが、ご機嫌に声をあげて笑う姿には疲れも悩みも吹っ飛んじゃいますねhappy01

真冬生まれの娘。どんな夏を過ごすのか、楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

選挙カー、終日乗る

17日間にわたる長期戦の参議院選挙もいよいよ最終盤。

僕自身は新潟選挙区で出馬している候補者、それから個人的にお付き合いの深い比例候補者をそれぞれ自分のできる範囲での応援をさせてもらってます。

先週の金曜日に僕にとって初めての市議会定例会が閉会したということで、土日から今週にかけては選挙モードといったところでしょうか。

日曜日の夜、新発田で打ち上げた新潟選挙区候補者の遊説隊が翌朝スタートの六日町に宿泊するというので途中で合流し、僕も六日町の温泉宿で前泊。

朝8時から夜8時まで、選挙カーの助手席に乗り込んでしゃべり続けた一日となりました。

候補者もご一緒でしたが、なぜ僕が助手席かといいますと・・・

僕の応援する候補者の定位置は運転席の後。そこから顔を出して手を振り、たま~に声を出す感じ。そんな理由で僕が終日ほぼ助手席に。

いろんな選挙のお手伝いをしていますが、このスタイルは初めて。やや驚きです。

4月末にあった自分の市議選で選挙カーに乗ったのは初日の午前中と最終日の午後数時間のみ。三条ではこれが常識らしい。

なので、朝から晩まで助手席でマイクを握りっ放しというのは今回が初めて。なかなかハードな体験でした。

六日町・小出・小千谷・越路・柏崎など山間部を中心とした街宣活動でしたが、反応がメチャクチャいい!

ホントにすごいんです!

窓から顔を出してくれたり、遠くで畑仕事している爺ちゃん・婆ちゃんが大きく手を振ってくれたり、真っ暗な夜8時近くだというのにわざわざ外に出てきてくれたり。

地域柄?いやいや、やはり先導する市議さんたちがいかに地元に密着しているかってことでしょ!?組織がしっかりしているっていうか。

今の僕にはとても真似できません。見習わねばbearing

ところで、自分の応援する候補者にはやはりどうしても勝ってもらいたいわけですが・・・

僕らの市議会議員選挙では1500票とか2000票の争い、参議院の選挙区となると50万票、60万票の争いとなりますが、選挙の大小に関わらず、最終的な当落は“候補者本人次第”ということなのかもしれません。

「お前はどうなんだぁッ!?」って突っ込まれそうですが、自分への戒めも込めて。

昨日の候補者、まだまだ余裕がありました。直感的に「このままだと危ないッ!」って思ったんです。

嫌な奴になる必要もワガママになる必要もないんですが、何かに憑かれるような雰囲気があるんですよね、拮抗した闘いで勝利する候補者って。

最終日にもう一度応援に伺う可能性あり。

取り憑かれた候補者と最終日にぜひ会いたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

共産党籍首長の苦悩

Pk2010061502100064_size0富山県では初めて、現職では全国で9人目の共産党籍首長となった脇・朝日町長。

先の町長選で相手候補を支援した自民系会派「創政会」が議会(定数10)過半数の7議席を占める中、6月定例会での副市長・教育長の後任人事案提出を見送ることに・・・

共産党籍の首長が誕生する場合、議会構成が圧倒的野党で占められるということは想像に難くありません。現にこれまでの例をみてもそうです。

ただ、「共産党籍だから」という理由で人事案や予算案を否決し続けるというのは有権者の投票行動を無視したことになります。

特に、地域主権の流れにある今般、首長も議員も“所属の党”の主義・思想にとらわれ過ぎることがあってはなりません。あくまでも自らが政党代表ではなく、市民代表であることを忘れてはならない。

そういった意味では、全国的には共産党籍の首長が、「住民にとってプラス」という判断で党が反対している案件でも通したりしながら、多選されている方も複数いらっしゃいます。

「党のためでなく、住民のため・まちのために首長になったのだ」という信念があれば脇・朝日町長も難局を乗り切れるのでは。

もちろん、特別職に共産党関係者を向かいいれるようなことをしては議会も町民も納得しないでしょうから、町民推薦のような形を取るんでしょうかねぇ・・・

それにしても、副町長・教育長といった町の運営の根幹に関わるポストが長期にわたって穴があく事態は避けなければなりません。

野党議員の皆さんにも“反対のための反対”ではなく、「住民のため・まちのため」という視点で、人物で評価してもらいたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »