« 共産党籍首長の苦悩 | トップページ | ウチの子 今日で七ヶ月 »

2010年7月 6日 (火)

選挙カー、終日乗る

17日間にわたる長期戦の参議院選挙もいよいよ最終盤。

僕自身は新潟選挙区で出馬している候補者、それから個人的にお付き合いの深い比例候補者をそれぞれ自分のできる範囲での応援をさせてもらってます。

先週の金曜日に僕にとって初めての市議会定例会が閉会したということで、土日から今週にかけては選挙モードといったところでしょうか。

日曜日の夜、新発田で打ち上げた新潟選挙区候補者の遊説隊が翌朝スタートの六日町に宿泊するというので途中で合流し、僕も六日町の温泉宿で前泊。

朝8時から夜8時まで、選挙カーの助手席に乗り込んでしゃべり続けた一日となりました。

候補者もご一緒でしたが、なぜ僕が助手席かといいますと・・・

僕の応援する候補者の定位置は運転席の後。そこから顔を出して手を振り、たま~に声を出す感じ。そんな理由で僕が終日ほぼ助手席に。

いろんな選挙のお手伝いをしていますが、このスタイルは初めて。やや驚きです。

4月末にあった自分の市議選で選挙カーに乗ったのは初日の午前中と最終日の午後数時間のみ。三条ではこれが常識らしい。

なので、朝から晩まで助手席でマイクを握りっ放しというのは今回が初めて。なかなかハードな体験でした。

六日町・小出・小千谷・越路・柏崎など山間部を中心とした街宣活動でしたが、反応がメチャクチャいい!

ホントにすごいんです!

窓から顔を出してくれたり、遠くで畑仕事している爺ちゃん・婆ちゃんが大きく手を振ってくれたり、真っ暗な夜8時近くだというのにわざわざ外に出てきてくれたり。

地域柄?いやいや、やはり先導する市議さんたちがいかに地元に密着しているかってことでしょ!?組織がしっかりしているっていうか。

今の僕にはとても真似できません。見習わねばbearing

ところで、自分の応援する候補者にはやはりどうしても勝ってもらいたいわけですが・・・

僕らの市議会議員選挙では1500票とか2000票の争い、参議院の選挙区となると50万票、60万票の争いとなりますが、選挙の大小に関わらず、最終的な当落は“候補者本人次第”ということなのかもしれません。

「お前はどうなんだぁッ!?」って突っ込まれそうですが、自分への戒めも込めて。

昨日の候補者、まだまだ余裕がありました。直感的に「このままだと危ないッ!」って思ったんです。

嫌な奴になる必要もワガママになる必要もないんですが、何かに憑かれるような雰囲気があるんですよね、拮抗した闘いで勝利する候補者って。

最終日にもう一度応援に伺う可能性あり。

取り憑かれた候補者と最終日にぜひ会いたいものです。

|

« 共産党籍首長の苦悩 | トップページ | ウチの子 今日で七ヶ月 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

がんばってください!
愚民化政策を行い、子供たちを不登校や引きこもり、ワーキングプア、ネットカフェ難民にした「自民党・官僚政治」を生き返らせてはなりません。国民を不幸にし、国を腐敗させた政治を、今回の選挙で完全に絶滅すべきです。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読みましたか。子供を壊される恐怖と、腹の底から込み上げる怒りを感じませんでしたか。これ以上、だまされ子供を不孝にするのは止めましょう。
この参院選は、官僚に支配され特別会計も教育も問題にしないマスコミに騙されず、「自民党・官僚政治」を滅ぼす日本国民の戦いです。

投稿: 大和 | 2010年7月 6日 (火) 18時59分

大和 さま

コメントありがとうございます。

この国の今日の問題のすべてを「自民党・官僚政治」のせいにしてしまうことにはいささか抵抗感がないわけではないですが、ただ、おっしゃるように“時計の針を戻してはいけない”と僕も強く思います。

菅総理の所信表明には子育て・教育にほとんど触れておらず、大きな不安を覚えます。

政権交代から10ヶ月。民主党政権は軌道修正すべきところはしっかりと行い、国民の信頼を取り戻さなければなりません。

一方の自民党は今一度原点に立ち返って国民一人ひとりの声を聞いて回り、二大政党制の受け皿に足り得る政党に生まれ変わってもらいたいものです。今回の参院選選挙区一人区の候補者のように。

投稿: なごや☆ | 2010年7月 9日 (金) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/35657782

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙カー、終日乗る:

« 共産党籍首長の苦悩 | トップページ | ウチの子 今日で七ヶ月 »