« ウチの子 昨日で八ヶ月 | トップページ | えッ!?このご時勢に議員数アップ? »

2010年8月 9日 (月)

胎児の命って一体・・・不同意堕胎の医師に執行猶予

医師の立場を利用して薬剤を投与、流産させた僕と同世代の医師。今日の公判で、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡されました。

この判決、感情的には「軽いッ!」って思います。

被害女性が一生背負うことになる精神的苦痛はもちろん、宿ったひとつの命を葬った罪は深い。

それでも、この男性が事実を認めて謝罪をし、病院も解雇されて社会的制裁を受けているということで執行猶予がついたという。

法律では、胎児は人と認められないそうで、今回の判決はあくまでも被害女性に対する男性の行為について下されたもの。

中絶そのものへの議論については様々な意見があると思うけど、女性が産もうとお腹の中で育んでいる命を奪うことに対して法律で裁けないっていうのはどうしても腑に落ちません。

殺意を持って薬剤を投与し、そして死に至らしめているのに・・・

|

« ウチの子 昨日で八ヶ月 | トップページ | えッ!?このご時勢に議員数アップ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/36094814

この記事へのトラックバック一覧です: 胎児の命って一体・・・不同意堕胎の医師に執行猶予:

« ウチの子 昨日で八ヶ月 | トップページ | えッ!?このご時勢に議員数アップ? »