« 國定勇人市長、出馬宣言! | トップページ | 看過できない箕面市長ブログ »

2010年8月31日 (火)

為政者とマスコミの責任

うんざりですね、民主党代表選のゴタゴタgawk

昨夜は現職総理と前総理が官邸前で並んで“トロイカ体制”をお訴えになられ、今日は朝からニュースもワイドショーもずーっと代表選回避と大騒ぎ。

ところが、夕方の菅・小沢会談は物別れに終わり、一転一騎打ちだそうで・・・

一転???

考えてみれば、昨晩のトロイカ宣言までは一騎打ちが濃厚だったわけで、一転が一転して元に戻っただけですよね。

一国の総理を選ぶことにつながる代表選ですから、想定外のことが起こり得ることは理解できますが、それにしても一連の騒動で、政局のダイナミズムとかこの国が大きく変わることへのワクワク感とかまったくない。

現職総理と前総理が並んで国民に訴えた“トロイカ体制”は一体何だったの?

一晩でコロコロ変わっちゃうわけ?

この国の為政者は、自らのコトバの重みや責任をどう考えているんでしょうかね。

それから、マスコミも相変わらずどうしようもありませんね。

有馬ナントカっていう評論家なんて、菅・小沢会談が行われることで「100%代表選はない」と明言。100%ですよ、100%。

完全に誤った情報を垂れ流しているこの国のマスコミ。

とはいえ、私たち一般市民の情報源はマスコミからしか得られないわけで・・・

もう一点。

代表選後に民主党が分裂するようなことがあれば、所詮そこまでだったということ。国を担う資質がなかったということです。

この国の政権与党がそんな政党でないことを願ってやみません。

|

« 國定勇人市長、出馬宣言! | トップページ | 看過できない箕面市長ブログ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「立候補します」と一旦宣言した小沢さんなら、何があろうと99.99%立候補すると思っていました。(0.01%は天に召された時)
何故なら、小沢さんの人となりを表す看板が「ブレない男」ですから。

それにしても、民主党の経済対策は全く駄目ですね。
円高対策にしても、もしも私が日銀総裁だったら、黙って為替介入し、円安になったのを見届けてから
「先ほど介入しました」と軽く発表する。

そうすると、ヘッジファンドを初め投資家は、いきなり介入してくるのを恐れ、安易なトレードができなくなるはずです。

今の様な「やるやる」的な口先介入ではますます円高に拍車が掛かるだけだと思います。
もう少し考えて欲しいですが、学者肌の白川総裁では実務肌の事をやるのは難しいのかなぁ。

投稿: 元自民党員 | 2010年9月 1日 (水) 06時05分

元自民党員 さま

確かに、密室談合で小沢さんが不出馬となったら、菅さんも小沢さんも政治家としては終わりだったかもしれません。

もともと主張も政治手法も全く異なるお二人ですから、ここで決着をつけるのは然るべきことだと思います。

日銀総裁の要職について、当初から白川さんでは荷が重過ぎるという指摘はありましたよね。1ヶ月ほど副総裁に就かれましたが、何階級が飛び越えての総裁就任でしたから。

2年半前の日銀総裁人事で、武藤副総裁の昇格案を大いなる政局含みで否決してしまった民主党に対するツケが回ったような気がします。

投稿: なごや☆ | 2010年9月 1日 (水) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/36472655

この記事へのトラックバック一覧です: 為政者とマスコミの責任:

« 國定勇人市長、出馬宣言! | トップページ | 看過できない箕面市長ブログ »