« 真夏の大火事 | トップページ | ウチの子 昨日で八ヶ月 »

2010年8月 6日 (金)

平和記念式典に思う―いかに継承するか

原爆が投下されてから65年。9日の長崎も含め、年々式典の形骸化と国民の関心が薄くなっていることは否めません。

2010080600000015jijpsocithum000smal今回の広島には、アメリカのルース駐日大使や国連・潘基文事務総長をはじめ、核兵器保有国である英仏の政府代表も初参加。昨年4月にオバマ米大統領がプラハで行った核廃絶を訴えた演説以来、国際社会における核軍縮の機運が高まっていることをよく表しています。

プラハ演説でノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領の式典出席を求める声も多いようですが、大統領就任中の出席は難しいのでは・・・

アメリカ国内世論の大勢が大統領の式典出席には否定的。「原爆投下を過ちと認めることになる」「出席=謝罪と取られてしまう」というのがその理由。「原爆投下によって大戦を終結させた」という考えを持つ国民も少なくないという。

すでに亡くなってはいるけど、僕の二人の祖父は徴兵されています。子どものころ、祖母から戦時の苦しい生活についてもよく聞かされていました。

僕は日本人でもあるし、アメリカ国民の考え方には憤りをおぼえる。だけど、一方では立場が変われば捉え方が異なることも理解できます。

日本の侵略を受けた国々があの戦争をどう評価しているか。中国は?韓国は?

昨日の参院予算委員会で福島社民党党首が小泉政権時のイラク派兵が間違いであったことを菅政権で検討するように求めていましたが、歴史の検証は性急な検証は難しいと思う。

もちろん、学者レベルでの検証はあって然るべきですが、政権が代わったからといって政府としての方向感を示すのはいかがなものか。

三条市でも平成18年に非核平和都市を宣言し、子どもたちの広島派遣や被爆体験講和会、ポスター展など様々な事業を展開しています。

ただ、広島・長崎の原爆記念日も終戦記念日も子どもたちの夏休み中。戦争を教材とした歴史教育や平和啓蒙が必ずしも積極的に行われている状況にはありません。

僕の周囲を見渡しても、徴兵された二人の祖父もすでに亡くなっているし、子どものころはよく戦時の苦労話をしていた祖母も94歳。

僕でさえそんな状況ですから、今の子どもたちには行政や学校がリードして教育していくしかありません。

小中一貫で独自の柔軟なカリキュラムを組めるのであれば、平和都市宣言をしている三条市は歴史教育に力を入れるべき!

『にんげんをかえせ』(峠三吉)

ちちをかえせ ははをかえせ  

としよりをかえせ こどもをかえせ


わたしをかえせ 

わたしにつながる にんげんをかえせ


にんげんの にんげんのよのあるかぎり  


くずれぬへいわを へいわをかえせ

|

« 真夏の大火事 | トップページ | ウチの子 昨日で八ヶ月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/36050746

この記事へのトラックバック一覧です: 平和記念式典に思う―いかに継承するか:

« 真夏の大火事 | トップページ | ウチの子 昨日で八ヶ月 »