« 秋、ですね・・・ | トップページ | ウチの子 明日で九ヶ月 »

2010年9月 5日 (日)

代表選は政策論争すべきでない!?

民主党代表選が告示されて初めての土日。

2010090500000073san0000thumb昨日は街頭演説、今日は朝から討論番組と菅さん小沢さんとも大忙しですね。

このお二人、政策についてかなりの違いがありますよね。まるで与党と野党のような。

で、民主党所属国会議員は真っ二つに割れて代表選を戦っているわけです。

これ、どっちが勝っても民主党議員の半分は自らの政策理念に反した政治行動を取らねばならなくなる。“どっちが勝っても”です・・・

「代表選が終わったら挙党一致でッ!」なんて言うけれど、あれだけ政策に違いがあったらちょっと厳しくないですか?

昨日までAという政策を掲げるBさんを一生懸命推していたのに、代表選でBさんが負けたからといって、「私も明日からCという政策を支援者に訴えます!」なんて言っちゃう国会議員を少なくとも僕は信じることはできませんけど。

党の代表選や総裁選の候補者の主義主張が180度違うというのはやはりナンセンスに思える。

評論家の皆さんは「政策論争をしっかりやってもらいたい」とおっしゃっていますが、僕はむしろ人柄や政治手腕、代表(総理)としての能力の有無に焦点を当てるべきだと思いはじめています。

まず、党としての確固たる政策がありき。その政策を具現化できるのはどちらか?口先だけでなく、より現実的な手法を訴えているのはどちらか?この国をしっかりと牽引し、国民に夢や希望を与えてくれるのはどちらか?

投票権のない僕はコトの成り行きを静かに見守るしかありませんcatface

|

« 秋、ですね・・・ | トップページ | ウチの子 明日で九ヶ月 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/36548887

この記事へのトラックバック一覧です: 代表選は政策論争すべきでない!?:

« 秋、ですね・・・ | トップページ | ウチの子 明日で九ヶ月 »