« 栄庁舎を文化・芸術の発信地へ! | トップページ | 「小」の字で元旦迎える »

2010年12月25日 (土)

三条者(さんじょもん)一周年

生後18日の娘と産後間もない妻を車に乗せ数時間をかけて、学生時代から足かけ15年暮らした東京からココふるさと三条に戻ってきたのはちょうど一年前の今日。

これまで名古屋豊の名前も顔も知らなかったたくさんの方々が死に物狂いで選挙活動をしてくれ、また、15年の東京暮らしで出会った恩師や仕事仲間たちが週末ごとに三条を訪れ応援してくれたことで、「当選は難しい」と言われていた僕に市議会での活動の場が与えられました。

市民からいただいた大きな期待に応えるべく、自分なりに精一杯やってきたつもりですが、まだまだヨチヨチ歩き。もっと勉強し、行動し、発信していくことが僕のやるべきこと。

ところで、「大きな志を持ち、一世一代の決断をした!」っていうのは僕の勝手。それを受け入れ黙って(ホントは黙ってませんが)着いて来てくれた妻にはこれからも頭は上がりそうにありません。首もすわってないままに吹雪の関越道を連れて来られた娘に対しても同様です・・・

Dscf0851そんな妻と娘は今日から妻の実家である福島に里帰り。

たまっていた仕事が一気に片付けられたり、読みたかった本を読んだりとなかなか独身気分も悪くない。この一年をしっかり振り返り、支えてくださった多くの方々に改めて感謝をし、そしてこれから先の自分のやるべきことを整理するにもよい機会です。

ただ、やっぱり物足りない。点灯するクリスマスツリーは僕一人ではなんだかむなしい感じですね。妻や娘の存在の大きさも思い知らされる数日になるかもしれませんbearing

|

« 栄庁舎を文化・芸術の発信地へ! | トップページ | 「小」の字で元旦迎える »

ふるさと三条」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/38215289

この記事へのトラックバック一覧です: 三条者(さんじょもん)一周年:

« 栄庁舎を文化・芸術の発信地へ! | トップページ | 「小」の字で元旦迎える »