« 候補者「公募」がなんで“賭け”なのッ!? | トップページ | 平成23年第1回定例会 一般質問 »

2011年2月27日 (日)

遺恨あり―明治十三年 最後の仇討

ドラマスペシャル遺恨あり―明治十三年 最後の仇討。秀逸の邦画を観終えた時の感慨に浸る作品でした。

Story_pict開国派の秋月藩の執政・臼井亘理が同派の過激攘夷派集団に妻共々惨殺され、その仇討のためだけに生きる息子・六郎の姿を描いた明治維新期の実話に基づくストーリー。

法治国家を目指す明治政府のもとで仇討は“武士の美徳”とされていた時代から“殺人”という憎むべき大罪へと変遷する只中で、価値観や倫理観の再考を迫られる当時の日本人の心の機微がよく描かれていました。

六郎役の藤原竜也、六郎を献身的に支えた下女のなか役・松下奈緒、亘理の首を切り落とした一瀬役の小澤征悦(たまに似てると言われます・・・)、判事役の吉岡秀隆など若手俳優陣も素晴らしかったけど、なんといっても六郎の師・山岡鉄舟役の北大路欣也の迫力は圧巻!

“最後の仇討”として薄っすら記憶にはあったお話でしたが、原作も読んだことはないし、経緯や背景を知ったのは初めて。夜中の執政の屋敷に若手藩士が侵入し、鮮血を浴びながら惨殺するというオープニングから2時間半、引き込まれました。

国家や法が変わっても簡単に心を変えることなど出来ない。それでも、憎しみが憎しみを生むという負の連鎖をどこかで断ち切らねばならないわけで。

幼い息子に「もし私に何かあっても遺恨を残してはならない」と一瀬が語るシーンが印象的。一瀬が六郎に仇討された後、いつか自分の身が仇討によって殺められることを予見していた夫の真意を知った妻は出獄後さらに母を手にかけた元藩士の仇討を果たさんとする六郎に「ぶざまでも生き続けることがあなたの役目」と諭す・・・

もちろん、僕は法治国家のもとで生まれ育っているので、頭では仇討は“殺人”であり、やってはならないことだと分かっています。だけど、当事者となったら自信がないというのが正直なところ。

“当事者の心”は明治維新の変革期も現代も、そして未来永劫、法で裁ききれない、縛りきれないものなのかもしれません。

|

« 候補者「公募」がなんで“賭け”なのッ!? | トップページ | 平成23年第1回定例会 一般質問 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「士族たるにつき終身禁固刑に処す」、この言葉を聞いた時何故か涙が出ました。

世の為、人の為になる政治家を目指して欲しいものです。

投稿: 元自民党員 | 2011年3月 8日 (火) 22時27分

元自民党員 さま

コメントありがとうございます。

与野党問わず、国会のセンセ方にもぜひ観てもらいたい作品ですよね。DVDも出るらしいですし。

僕自身ヨチヨチ歩きですが、目の前のことにしっかり取り組んでいきたいと思います。

投稿: なごや☆ | 2011年3月 8日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/39032183

この記事へのトラックバック一覧です: 遺恨あり―明治十三年 最後の仇討:

« 候補者「公募」がなんで“賭け”なのッ!? | トップページ | 平成23年第1回定例会 一般質問 »