« 避難所のこと~市民の本音 | トップページ | 避難所1ヶ所に! »

2011年6月 3日 (金)

史上最低政権

この国難に茶番劇をしている場合ではないッ!与野党が協力して復興・復旧にあたるべきだッ!

これらの声は正論だし、異論はありません。

ただ、それが出来ずにここまで来てしまった不幸があることも現実です。

震災から3ヶ月が経とうとしている現在も、復旧・復興の道筋も原発事故収束の展望も見えていません。菅さんが「めどがついたら若い人に責任を引き継ぐ」と明言したことは図らずともその事実を自ら認める格好になりました・・・

Kan_2辞任の時期について約束はない―不信任案否決の直後から岡田幹事長が強弁し、それに呼応するように菅さんも同様の発言をされています。

これに対し、
辞めるって言うから不信任に反対したのにッ~annoy
こんなことなら賛成すべきだったッ~annoy

賛成を表明しておきながら反対に転じた鳩山さんをはじめとした民主党のセンセたちの声です・・・

だいたい、菅さんと鳩山さんの交わした“確認事項”の一番目が「民主党を壊さない」で、二次補正など震災対策が三番目にあったことをみても、彼らがいかに政権の座にしがみついていたいか、次の選挙で当選するにはどの選択が妥当かということしか考えていないことがよく分かりますよね。

それは自民党も同じ。展望なき不信任案提出の罪は重い。

なぜ菅政権ではダメなのか?
菅退陣後はどういう体制で国難に対応するのか?

谷垣さんは「自分がリーダーとなって国難を乗り切る!」と力強く語ることもしないわけでして。

不信任否決から一夜明け、政権の迷走、民主党内の混乱、野党の非協力の方針は昨日までよりも深刻になったことは誰の目にも明らかです。

結論から言えば、菅さんが辞めない限り何も前に進みません。

ポイントは菅退陣後の体制の青写真をいかに描くか。

「与野党協力を!」と訴える民主党は、国会延長やマニフェスト見直しなどかなりの譲歩をしているようにも見えますが、限定的な大連立を目指し、復興担当の大臣兼副総理(法的には官職ではないが)として谷垣さんを迎えるという方法もあるのでは。

また、原発も含めた震災対策に関わる省庁の政務官や副大臣についても経験豊富な自民党議員をあてて効率的な復旧・復興を展開したらどうでしょうか・・・

それにしても、菅さん、鳩山さん、小沢さん。この国には必要のない国会議員だと心から思ったのは僕だけではないと思います。

|

« 避難所のこと~市民の本音 | トップページ | 避難所1ヶ所に! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

表題は正しく書きましょう。
「史上最低政権」、正しくは「史上最悪政権」。

投稿: 元自民党員 | 2011年6月30日 (木) 10時20分

元自民党員 さま

史上“最悪”政権・・・まったくその通りですね。

投稿: なごや☆ | 2011年6月30日 (木) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/40244415

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最低政権:

« 避難所のこと~市民の本音 | トップページ | 避難所1ヶ所に! »