« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

心より御礼申し上げます

今回の豪雨にあたり、全国各地の多くの皆さんからご心配・お見舞いのメールやお電話をいただきました。

可能な限り御礼の返信をさせていただいたつもりですが、万が一漏れのあった場合はご容赦いただきますとともに、この場をお借りして深く御礼申し上げます。

この先お願いすることも出てくるかもしれませんが、その際には引き続きのご支援をお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集中豪雨、去る

昨日の昼まで降り続いた記録的な豪雨は僕らのまちに大きな爪あとを残しましたが、本日午前には下田地区に出されていた避難指示も解除され、災害対策本部も復旧対策本部に切り替わりました。

大水害をもたらした7年前を越える雨量にもかかわらず被害が少なかったのは、河川整備が進んだことと7年前の経験をいかし、市民も行政も冷静に対応できたことが挙げられます。

ただ、7年前は被害が少なかった下田の一部地域の皆さんや、今回もまた水に浸かった嵐南地域の皆さんにとってはゼロか100かの問題であって、決して「被害が少なくてよかった」なんてことは言えません。

今回は早い段階で市内全域に避難勧告が出され、五十嵐川の破堤を受けて下田地区は避難指示が出ました。全国ニュースでも大きく取り上げられましたので、ニュースをみた人はほとんどの三条市民が避難所で過ごしていると思ったらしい。

ところが、実際に避難した人は約10万の住民に対してピーク時でも2600人ほど。

僕は地域の避難所である第四中学校、井栗小学校、旭小学校を巡回していましたが、四中や井栗小では市の職員の数の方が多いくらいで、まだまだ雨が降り止まず、信濃川の水位も上昇しているような昨日の朝の段階では避難者ゼロという状況。

旭小では60名弱の方が体育館で一晩過ごされましたが、車をとめてある駐車場が冠水しはじめたため、朝になると逆に皆さん自宅に戻られるという現象が・・・朝イチに僕が顔を出したときにはお一人になっていました。

自治会長さんや民生委員さんが大雨の中地域を回っていただいたり、市の職員が一軒一軒電話をしてくれたりして、自力で避難が困難な方などを中心に細かく情報提供できたところまではよかったけれど、住民の意識付けという点ではまだまだ浸透していないと感じたのも事実です。

もちろん、7年前に被害の経験のある嵐南地域の避難所は100名・200名単位の方が避難をされたり、下田地区でも多くの方が避難されたわけですが・・・

被害が少なかったからよかったものの、多くの課題も浮き彫りとなった今回。

避難所を回ってみて感じたのは、避難者に対する圧倒的な情報不足!

避難者の数を逐一FAXで本部に報告する職員の姿は目に付きましたが、「今、川の水位がどういう状況か」「水や食料の支給はどうなるのか」「一晩過ごすことになるのか」などといったアナウンスが一切ない。

「ここにいたってしょうがない」といった具合に帰宅した住民も少なくありませんでしたbearing

その避難所に地の利のない職員が配置されたというのもいかがなものか。

ある避難所では市役所から到着するまで2時間以上かかった職員も。聞けばその避難所には縁もゆかりもない職員。

当然、カーナビで示されるであろう道で避難所に向かうしかないわけですが、途中の道はあちこちで冠水し通行止め。地の利のある職員ならば最短ルートで到着できるのに・・・

それに、彼らも被災者なわけであり、道路の寸断で交代要員が来ても家族の元に戻れなかった職員の姿は気の毒に感じました。

その他にも第一避難所と第二避難所のあり方、避難準備と避難勧告の決定のタイミングなど、避難する側からみた問題点についてはこれから行政側と検証をしていかなければなりません。

一方では、避難所での受け入れ態勢、迅速な給水車の手配やごみ処理の周知など市の対応を賞賛する多くの市民もいらっしゃいました。

これからは復旧作業のスピードが勝負。

すでに家屋調査も始まっているようですが、被害にあった方々の直接の声をおうかがいしながら、僕も自分の立場でなすべきことにしっかりと取り組んでいく覚悟です!

Dsc_0183
29日昼の一ノ木戸付近。大人のヒザまで冠水。

Dsc_0184
30日朝には旭小の周辺と駐車場も冠水。

Dsc_0185
信濃川土手には水没を免れようとする周辺住民の車列が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

避難中3生の学習支援、一区切り

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました。

避難中3生の学習支援、一区切り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資格なし!中国高速鉄道事故への批判

中国浙江省温州市での高速鉄道事故。

E291a07早々に後続列車の先頭車両が地中に埋められ、「証拠隠滅だぁッ!」と世界中から批難ゴウゴウの中国。そんな批難をかわすため、当局は今日になって車両を掘り出したとか・・・さすがだね。

日本のマスコミでも昨日からこのニュースを大きく取り上げ、“中国のデタラメさ”“隠蔽体質の中国”ってな具合で叩いていますよね。

中国から届けられるこの手のニュースに触れるたび、「やっぱ中国ってヤバイよね~」なんて感じてたけど、今回はそんな気にどうしてもなれない。

高速鉄道事故以上に甚大で深刻な影響のある原発事故におけるわが国の情報錯綜や情報制限がどれだけのものだったか。

日本のマスコミの原発事故初動の自らの報道のあり方の検証もしないままに「お隣の中国は相変わらずヒドイ国だ」と垂れ流す姿にもゲンナリですbearing

これからオリンピック予選に挑もうというなでしこJAPANに国民栄誉賞を贈るとか、北朝鮮への電撃訪問を模索しているとか、延命狙いのみの独裁者の政を許すこの国に、中国を批難する資格などまったくない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

三条の新成人を誇りに思う

春分の日に予定されていた平成22年度三条市成人式が、一昨日海の日、4ヶ月遅れで挙行されました。

Dsc_0176

東日本大震災を受け、新成人から成る実行委員会と市側がこの日の順延を決めたわけですが、お隣の燕市が同時期に予定通り開催したこともあり、「夏場は振袖を着ることができず、貸衣装屋や美容室に大きな影響がある」とか「写真館に多数の予約キャンセルが出た」、「学生は試験中で出席できない」などと一部で今回の開催に疑問の声もなかったわけではありません。

だけど、このタイミングでよかったと思う。

6月の市議会でも「さらに秋まで延期したらどうか?」という質問が出ましたが、“延期の延期”では実行委員の皆さんも、そして何より新成人の皆さんのモチベーションも保てなかったのでは・・・

参加はいつもより少ない新成人の5割強とのことでしたが、黙祷からはじまった成人式を出席者は忘れないだろうし、日程変更で出席できなかった新成人たちも試験勉強をしながら成人となった喜びを改めて感じてくれていたらうれしい限りです。

市長のあいさつの中で、「皆さんの生まれ育った時代は何一ついいニュースがなく、暗いニュースばかり。日本人の誇りを持つ瞬間がほとんどなく、見聞きするニュースは足の引っ張り合いや批判のし合いで、斜め横から見ながら生きていく、真正面から物事を捉えて生きていかないほうがいいという生き方を植えつけてしまったのではないかと反省している」と、人生の先輩として新成人にお詫びする場面がありました。

長らく続く不安定な政治や混乱の社会情勢、なかなか安定に向かない経済状況を捉えて、私たちオトナの責任を自ら律する市長らしいストレートな表現だったけど、彼ら自身は後ろ向きな思いはまったくないと僕は思う。

高度経済成長期もバブルも知らない彼らは、生まれてこのかた、この国でこの三条で両親や家族の愛情のもとで20年を過ごしてきたわけで、決して自分を不幸なんて思っていないし、夢に向かってがんばっている皆さんもきっとたくさんいる。

久しぶりの同級生にあって大はしゃぎする光景や着慣れない振袖に苦労する様子、ここぞとばかりにキンキラキンのリーゼントにカラフルな羽織袴で決め込む男の子の姿は18年前の僕らの成人式と全く変わりません。

「震災復興に向けて自分たちも何か行動したい」と、会場入口で行われた募金は総額50万円以上が集まったとのこと。これは一人1000円近くを募金した計算。

額の問題ではありませんが、三条の新成人もなかなかやるもんですナ。人生の先輩として誇りに感じた心に残る成人式となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

三条市でも放射線測定

一昨日の若手市議の会の意見交換会で話題になったのが放射線測定について。

おとなりの加茂市では数十万円の測定器を購入することになったらしいけど、「市の職員ではその測定器を正確に使いこなすことができないのではないか」ということで、「専門機関の担当者に依頼し、しっかり測定してもらうべき」との意見もあったそうです。

となると―専門機関では測定器を持っているはずで、「市として測定器を購入する必要はないのでは?」というもっともな声も出ているらしい。

Image11小千谷市などでは今回の福島原発への対応はもちろん、柏崎刈羽原発の万が一への備える意味でも市単独での購入を考えていると聞きました。

そういえば、わが三条市では「放射線量を測って欲しい」とか「測定器を購入すべき」という声はあまり聞こえていませんでした・・・

意見交換会に参加していた南魚沼市議から「新潟県が測定器を準備して、地域振興局を通して自治体に貸し出すらしい」という情報があり、早速三条市にも問い合わせました。

三条市、燕市、加茂市、弥彦村、田上町を管轄する三条地域振興局が各市町村に測量器(サーベイメーター)を貸し出すことになったという回答。

1台の測定器を5市町村で使いまわすようで、今後2週間に1度のペースで市内各地のポイントの測定を行うという。

三条市の場合は環境課がその業務にあたりますが、学校教育課とも連携してプール等の学校施設の測定も合わせて行う予定。三条市内を大きく4ブロックに分け、上林・月岡・栄中央・森町の4小学校を測定するそうです。

いたずらに市民の不安を仰ぐ測定であってはなりませんが、測定によって安心が得られるということならば必要なこと。数値もしっかり発表すればよい。

ただ、加茂の人たちが言うように、「測定の値そのものの信用度がどれくらいなの?」という疑念は拭い去れないですよね。

それから、もしも基準値を大きく超える結果が出た際の三条市の対応の議論を進めないで測定だけ行うというのもなんだかチグハグです。

三条市は測定と同時に基準値を超えた場合の指針(農作物の出荷、子どもたちの学校生活など)を早急に定めるべき!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

水害から7年の日、若手市議で防災勉強会

三条市をはじめ、見附市や長岡市などで複数の死者を出した大水害から昨日7月13日で7年目。

三条市でも慰霊祭が行われたわけですが、僕自身は『全国若手市議会議員の会・新潟ブロック』の研修で長岡を訪れていました。参加者は8名。

7.13に合わせたわけではないそうですが、研修のテーマはくしくも“防災”・・・

ながおか市民防災センターで長岡市危機管理防災本部担当者の講義を受けた後、センター施設内と隣接する防災公園、消防庁舎を視察。最後に、出席市議がそれぞれの自治体の防災計画等の発表を行いました。

長岡は7年前の水害に始まり、中越大震災、平成17・18年豪雪、中越沖地震と次々に災害に見舞われ、“日本一災害に強い都市(まち)を目指して”防災強化に取り組んでいるとのこと。

震災前には30%台だった自主防災会の結成が、今では90%近くまで上がったというのは共助を促進する行政努力も多分に影響しているという印象をもちました。

緊急地震速報や災害・避難情報を指定エリアに一斉配信するNTTドコモの“エリアメール”というサービス。これはわが三条市でも導入することが昨日市長から発表をされましたね。今後、他の携帯各社への広がりを期待したいものです。

それにしても、ながおか市民防災センターは目の付け所がなかなかおもしろい。子育て支援施設と防災施設の拠点を融合したもので、これはもちろん全国初。

防災センターや防災公園、消防庁舎を同一敷地内に整備する計画は震災前からあったそうですが、震災の影響で一時頓挫。その後に、森市長のアイデアで<子育て×防災>施設建設に至ったようです。

雪深い長岡では冬場の子どもたちの遊び場が少なくなるというので屋根付きの大広場をつくり、子どもたちが元気に走り回る。そして、災害時にはボランティア本部になったり、緊急物資の一時集積地となるわけです。
Dsc_0170

普段は広々とした市民の憩いの場である多目的の芝生広場は、災害時には475張りのテントが設置可能で、緊急へリポートへの活用も可能。約1万1千人が3日間生活可能な飲料水を貯水する100t級の大型貯水槽も埋設してあるとのこと。
Dsc_0172

もちろん、財政状況や立地条件の違いなどもあり、他の自治体と単純に比較することはできませんが、住んでいる自治体によって防災に大きな格差があっては絶対にいけないわけでして・・・

三条市の防災についてもう一度しっかりと検証し、課題克服に議員としてしっかりと取り組まなければならないと改めて感じた水害から7年目の日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

『県央みらい塾』始動!

僕が三条市議会に活動の場を与えていただいたのが昨年4月。それ以降、昨秋の燕市議選で小林由明氏(37)、今春の加茂市議選で瀧澤茂秋氏(41)、同じく田上町議選で今井幸代氏(26)が初当選をし、この県央地区に志を同じくする若い世代の議員が誕生しました。

Mirai
名古屋、小林燕市議、今井田上町議、瀧澤加茂市議

今この時を好機と捉え、僕が呼びかけ人となって『県央みらい塾』を結成しました!

「みらい」には、“10年後も30年後もしっかりと自分の責任を果たしていく”という意味を、「塾」には、“一期生として結成したこの会を原点として、いつまでも生徒・塾生の立場で勉強し、刺激しあう場としたい”という意味を込めました。

定例会前に情報交換・意見交換を行ったり、街宣活動、後援会の活動交流、日頃の議員活動の情報共有など、具体的な活動を行っていく予定です。

選挙戦のころから訴えてきた“議員外交”の重要性。

広域にわたる行政課題は首長同士が議論をし折衝していくわけですが、時にその折衝が暗礁に乗り上げることも少なくありません。

議員がそれぞれの地域住民の生の声や各議会での議論の内容を共有し、意見交換していくことで解決の糸口を見出すことが必ずできるはず。

県央地区全体の未来や利益について真剣に議論し行動に移す、そうすることで自分たちのまちも結果的によりよく発展していくと考えています。

経験も知識も浅い新人議員の集まりですが、四人が切磋琢磨して成長していきたいと思いますgood

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

今年度も勉強会スタート!

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました。

今年度も勉強会スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

松本発言の招く不幸

松本龍復興担当大臣の岩手や宮城での暴言が大きな波紋を広げていますね。

Ryu“ヒール”として一躍注目の的となった松本大臣。

僕は正直、環境大臣になって初めてこの政治家の存在を知りましたが・・・

福岡のゼネコン・松本組を率い、国会議員でも指折りの資産家。参議院であった父の秘書となり、自身も21年前の総選挙で当選以来、7期連続当選というから、政治家としてもなかなかのベテランです。

グラサン姿での会見やこれまでの言動をみていると、典型的な肩で風切って歩く国会議員という感じなんでしょうかねぇ。よく分からんけど。

僕はこういうタイプの政治家は嫌いじゃない。だけど、自分の発するコトバの重みを分かっていない政治家は大嫌い。

だいたいこの人、一ヶ月前の菅総理の退陣表明の際、「一日も早く退陣したほうがいい」と早期退陣を閣内から明言していましたよね?

菅総理の下でなんてサラサラやる気のなかった松本氏を復興担当大臣に任命しちゃう総理のセンスにも甚だ呆れてしまいますgawk

野党は一斉に「松本辞めろ!」「総理の任命責任は重いぞッ!」と猛反発。国会ではまた復興そのものの議論から脱線して不毛な時間が費やされるのは必至。

この為政者の下で復興を目指すしかない被災者の方々。この二重の不幸の打開を急がなければなりません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »