« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

第1回県央みらい塾―豪雨対応を議論

近隣地域の若手議員4人で7月に結成した『県央みらい塾』の第1回目を開催。

4人が持ち回りでテーマ決めや会場手配などをするこの勉強会。初回は僕が幹事ということで、先日の記録的な豪雨での対応をテーマとし、わが三条市でも特に大きな被害を受け、現在も復旧現地本部が置かれる下田庁舎で堤行政課長から現状と復興に向けた対応についての説明を受けました。

Dsc_0214

中でも、収穫不能となった農作物への助成をはじめとした三条市による独自支援策の“手厚さ”に他の3人は驚いていたようで、「被災していない公平性を指摘するような声は上がっていないか」などの質問も。僕自身の耳には入ってきていませんが、確かにそんな声が出てくることもあり得ますよね・・・

議論が集中したのは“住民の防災意識”について。

防災行政無線の周知の限界、FMラジオの効果、メール配信・ドコモエリアメール配信の活用など避難情報の伝達のあり方はもちろん、日頃の防災意識をいかに高めるかについて意見を交わしました。

その後は各議会・議員としての活動報告。

田上町では8月5日に臨時議会を開き水害特別委員会を設置。9日には14人の議員が3班に分かれての現地視察をおこなったとのこと。

広範囲にわたって甚大なる被害を受けた三条市と、被害が限定的であった田上町を単純に比較はできませんが、三条市議会としての動きがなかったことを改めて疑問に思います。

先の大震災や過去に集中豪雨などで大きな被害を受けた際に、財政的支援などの緊急災害対策を求める意見書を総理大臣や関係閣僚、衆参両院議長あてに議会として提出している例も少なくありません。

被災地域選出の方を中心に、個々の議員がしっかりと対応をし、被災者の要望に応えてきたことは大事なことです。しかし、議会としての動きがなかったことは自分自身の大きな反省点でもあります。

活動報告を終え、下田地域の現地視察へ。

300mに渡って堤防が決壊した江口地区、家屋流出のあった森町地区、山崩れで潰された家屋の撤去作業が今も続く牛野尾地区などを回りました。

初めて見る光景に3人とも衝撃を受けていましたね。

被災直後に訪れていた僕は、急ピッチで進められる復旧工事に期待感を持ちました。1ヶ月前に完全に切れてその形を失っていた橋へと続く川辺の一本道が完成間近の状況には本当に驚かされました。

Dsc_0188
被災直後(右奥が森町と荒沢を結ぶ「鶴亀橋」)
              ↓

Dsc_0216

とはいえ、至る所で河床の上昇や形状の変化・山崩れの生々しい爪あとの残る下田地域。現場で話をした被災者の「しばらくは大水来ないよね?大きな台風でも来たら今度は本当に住んでられなくなる」のコトバはとても重い。

議員として、三条市議会として、この先まだまだやらなければならないことがあることを痛感させられた第1回県央みらい塾となりました。

次回は12月定例会前の11月下旬開催。燕の小林議員が幹事です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の避難所、本日閉鎖

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

最後の避難所、本日閉鎖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

視察行ってきました!

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

視察行ってきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

理念がないなら議員なんて辞めろッ!

先週、僕も所属する『全国若手市議会議員の会』総会・研修会に出席。会場となった東京・文京シビックセンターには、45歳以下で構成された同会メンバーが全国各地から参集し、熱気に包まれました。

36歳で議員となった僕ですが、同世代ですでに十数年の経験を持つ方や今春の統一地方選で初当選した26歳の方など、多士済々の皆さんと交流でき、とても刺激を受けました。

Dsc_0202

研修では逢坂誠二総務大臣政務官が講演。

開口一番、「皆さんは何で市議会議員になんてなったんですか?理念や目的もなく、ただ市議会議員になったという人は今すぐ辞めるべきです」と先制パンチpunch

これは僕ら市議会議員だけのことではなく、地域づくり・国づくりも同様である・・・と。

「平成の大合併でも、合併後の理念も持たないままただ財政面だけを考えたところは難儀をしている」と指摘し、さらには民主党政権の未熟さや稚拙さを認めた上で、「(自民党政権時代からの)ここ10年とか30年とか、国づくりに対する理念がないまま、この国をどうすべきかという議論がないまま来てしまった」と自らも含めて反省されておりました。

今の政権の混乱振りを見ても、理念のリの字も感じられないのは事実ですよね。

「期を重ねるとどうしても初心を忘れがち。同世代、同じ志を持つ全国の若手との交流はいつも初心を思い出させてくれる」というのはすでに三期目というある市議の話。

誰しも初心、理念を抱いて議員活動をはじめたはず。このモチベーションを保ち続けることの困難さというのはたった一年の経験しかしていない僕でもなんとなく分かります。

そういう意味でも、自分のまちを飛び出して研鑽をつむというのは大事なことなのだと改めて思った次第です。

地域づくりなくして国づくりなし、国づくりなくして地域づくりなし。

より暮らしやすい地域を目指して日々走り回るのは当然のこと。その上で国を憂い、常に意識を持って情報交換し議論を高めていくことが、ひいては地域づくりにも役に立つわけで。

これからもこういう機会には積極的に参加していきたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

どうなる?民主党代表選

前原さんが民主党の次期代表選、つまりは次期総理大臣に名乗りを挙げたそうで。

前原さんは野田さんと同じく、現政権を支えてきたいわゆる主流派。他の代表選候補とはちがい、小沢さんの党員資格停止処分の取り消しなどはしないことを明言しています。

そんな小沢さん、民主党内では圧倒的な大所帯のグループを形成し、鳩山前首相とも「同一候補者を推す」ことを確認しているらしい。

となると、小沢さんに取り入った候補者が総理大臣になる!?

もし、小沢さんや鳩山さんの意向が大きく反映される形で代表が選ばれたとしたら、有権者は完全に民主党を見放すでしょうね、きっと。それにそんな形で選ばれた総理には求心力や国民の後押しがあるべくもなく、戦後最悪の状況にあるこの国のリーダーシップを取れるはずもない。

一方、よ~く考えてみると「前原さんでいいの?」っていうことにもなる。Image_2

外国人献金問題もさることながら、主流派として政権を支えてきたわけで、ある部分では菅政権を継承せざるを得ない立場。

任期途中での交代劇なわけですから、「菅政権は間違い!これからボクが立て直すからッ!」って胸を張って言ってのける次期総理でなければなりません。

僕らをさらに混乱させているというか、代表選を複雑化しているのは、「マニフェストを遵守すべきだ」という小沢さんの主張。

これ、小沢さんの言っていることは正論ですよね?だって、“子ども手当”だの“増税しない”だの掲げて政権政党になったわけですから。

しかし、その正論が評価されるとは限りません。

国民・有権者はマニフェストを守ってもらいたいのではなく、原発問題や円高、デフレ、雇用問題などの山積課題に立ち向かい、日々の暮らしが少しでも上向き、将来の不安を少しでも解消してくれる政治を求めているんです!

民主党国会議員の皆さん、支持者や有権者の声をしっかり聞いて、ご自分の判断で投票してください。

ま、考えてみれば菅直人氏を総理に選出してしまった民主党ですから、あまり期待できませんけど ・・・

もちろん野党も、特に震災復興に関しては次期総理としっかりと協力体制を敷いて、万全に、スピーディーに進めてもらいたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

三条市独自のカリキュラムって!?

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

三条市独自のカリキュラムって!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

豪雨被害状況等概要説明会、開かれる

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

豪雨被害状況等概要説明会、開かれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

三条夏まつり―予定通り開催をどう思う?

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

三条夏まつり―予定通り開催をどう思う?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

事態深刻!下田地区に目を向けて!

朝から姉の嫁ぎ先のお義父さんの運転で豪雨で被害を受けた各集落を巡回。

至る所で土砂崩れにより道路が寸断されており、迂回路を使いながら特に被害の大きかった奥の地域に入って住民の皆さんからもお話を聞いてきました。

報道の影響もあり、「7年前の教訓がいかされ、被害が最小限に済んでよかった」という雰囲気が特に“まち場”では強いようですが、下田地区の被害は超深刻です!

濁流にえぐられた川岸や道路の復旧、山辺の集落の土砂崩れの再発防止など中長期的な対策が必要。

市の復旧対策本部が地元自治会長などを通して詳細の把握と要望を取りまとめているようですが、激甚災害の認定についても市や県が国に対してさらに強く訴えていかなければなりません。

避難勧告や避難指示は解除されていますが、未だに避難生活を余儀なくされている方もいらっしゃいます。泥かきなどの手が足りずに、お年寄りが一人で泥かきをしている姿も・・・

テレビや新聞での報道はすでに収束段階ですが、現場での深刻な事態は進行形であることを皆さんに知っていただきたいと思います。

今朝設置されたボランティアセンターへの問合せもパラパラ。
多くの力が必要です。皆さんの力をお貸しください!
【三条市災害ボランティアセンター 三条本部】
三条市総合福祉センター
  ・ボランティアをしたい方 Tel:0256-33-6550
  ・復旧の手伝いを希望する方 Tel:0256-33-6561
【三条市災害ボランティアセンター 下田本部】
下田体育館
  ・ボランティアをしたい方 Tel:0256-46-3003
  ・復旧の手伝いを希望する方 Tel:0256-46-3061
【受付時間】
午前8時30分~午後4時

【活動時間】
午前9時~午後3時

Dsc_0187
右奥の橋に続く道路はえぐられて完全に喪失

Dsc_0192
基礎を残して流されてしまった河川敷の家屋

Dsc_0194_3
山の畑に続く“あし”となっていたつり橋も切断

Dsc_0201
長野温泉『嵐渓荘』でも床上浸水の大きな被害

Dsc_0197
営業再開に向け、従業員や業者さんが懸命の作業

Dsc_0202
復旧に時間を要することが予想される土砂災害が深刻な地域 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »