« 福島米のゆくえ | トップページ | 秋の視察・研修日記②③ »

2011年10月19日 (水)

秋の視察・研修日記①

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

秋の視察・研修日記①

|

« 福島米のゆくえ | トップページ | 秋の視察・研修日記②③ »

ふるさと三条」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
偶々ブログを拝見させて頂いたので初書き込みです。
詳しい事は分かりません。
あくまで噂ですが三条市長のお子さんは三条市内の学校に通わず、東京の学校に通っているという人がいましたが本当でしょうか?
本当だとしたら市長の言葉に説得力が無くなります。
これは反一体校の人達の戯れ言でしょうか?

また(といいますか一番興味有る点)、一体校出来た場合、水害や地震時の避難場所はどうなりますか?
市政たよりや三条新聞等みているつもりですが、分かりませんので教えて下さい。

投稿: 一三条市民 | 2011年10月20日 (木) 12時51分

一三条市民さま

コメントありがとうございます。

僕の知っている限りでは、市長のお子さんは市内の学校に通っていると思います。

ちなみに、僕個人の見解としては、たとえ市長のお子さんが東京の学校に通っていたとしても、取り立てて騒ぎ立てる問題ではないと考えています。その家庭の教育方針やお子さんの意思が公の立場に拘束されることがあってはなりませんし、ましてやその点を取り上げて糾弾されるようなことは許されません。

また、地域の学校が災害時の避難所として重要な拠点になるというのは誰もが認めるところです。先般の大豪雨の際もそうでした。ただ、学校に限らず、今回の避難状況も踏まえ、“避難所のあり方そのもの”について改めて議論が進められています。

一中一体校建設後の一中、南小、条南小の利活用についても様々な議論が重ねられており、その中でも当然のことながら避難所としての役割も取り上げられています。

それぞれの学校跡地が避難所になるかどうかは別として、その地域の方々の避難所をしっかり確保していくことは行政も議会も十分に承知しておりますので、その点はご安心いただきたいと思います。

投稿: なごや☆ | 2011年10月23日 (日) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/42590130

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の視察・研修日記①:

« 福島米のゆくえ | トップページ | 秋の視察・研修日記②③ »