« 石巻の今・・・その2 | トップページ | 満員御礼!西地区『市政報告会』 »

2012年1月26日 (木)

一体校工事契約、賛成15で可決

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

一体校工事契約、賛成15で可決

|

« 石巻の今・・・その2 | トップページ | 満員御礼!西地区『市政報告会』 »

ふるさと三条」カテゴリの記事

コメント

ブログ内容と関係ないコメントで申し訳ありません。
また、三条市ホームページに投稿すれば良い内容かとも思いましたが、三条市ホームページは登録が必要であり、実名で書くと知り合いに三条市職員もおりますので、人間関係を悪くしたく有りませんので、此方のコメント欄への質問を御許し下さい。

先日、民放で松阪市の事が取り上げられており、市長の取り組み、実行力の素晴らしさに驚嘆しました。
そこで質問ですが、何故、三条市は松阪市のように借金を減らす事が出来ないのでしょうか?
正直、借金が多いのに市の職員にボーナスが出ること自体、民間人の感覚とずれており、違和感を感じます。
ご存知の事とは思いますが、三条市内の民間企業で赤字決算ならボーナスを出す企業の方が少ないです。
三条市は赤字が増えたら増税すれば良いという考え方なのでしょうか?
名古屋市議に質問する事は、ずれている事とは思いますが、よろしければ上記疑問点についてお答えできる範囲内で構いませんので教えて頂ければ助かります。

投稿: 一三条市民 | 2012年1月28日 (土) 17時49分

一三条市民さま

コメントをいただきありがとうございました。また、ご返答が遅れてしまったことをお許しください。

「三条市は借金を減らせないのか」
「赤字なのになぜ職員にボーナスが出るのか」
「赤字が増えたら増税すべきなのか」
同じ疑問を抱く三条市民も多いと思います。ここであまり細かい数字まで示すことはしませんが、大まかなことをお答えさせていただきます。

三条市などの自治体が借金を減らすことを財政改革といいますが、國定市長のもとで三条市もかなり積極的に取り組んでいます。市の施設を民間に任せたり、中長期的に非正職員を増やし正職員を減らしたり。

ボーナスについてはまさに民間と公務員の違いということかもしれません。地方公務員法で給与の規定もあるわけですが、彼らにはストライキ権もありません。バブル期に民間企業が膨大なボーナスを支給した際にはその恩恵にあずかることもなかったわけで。ただ、三条市の職員給与や賞与が財政力と照らし合わせて妥当なのかどうか、全国水準と比して多いのか少ないのか、われわれ議員としてもしっかりと検証していかなければならないと改めて痛感しているところです。

また、三条市に限らず国もそうですが、「赤字解消のための増税」というのは行政府としてもっとも安直で愚かな選択です。よく言われるように、ムダの削減・身を削る努力を尽くした上で初めて増税の議論に入ることができると思います。すでに記したように、三条市は今もその努力を続けているところですし、場合によっては職員給与削減や議員定数削減・議員報酬削減などの議論も近い将来出てくるかもしれません。

ご期待いただいた回答になっていないかもしれませんが、以上が僕の考えです。

投稿: なごや☆ | 2012年2月 3日 (金) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/43879352

この記事へのトラックバック一覧です: 一体校工事契約、賛成15で可決:

« 石巻の今・・・その2 | トップページ | 満員御礼!西地区『市政報告会』 »