« 満員御礼!西地区『市政報告会』 | トップページ | 北地区『市政報告会』 »

2012年2月 8日 (水)

放射性汚泥が角田浜に!?

原発事故の影響で新潟県内各地の浄水場などにたまった放射性物質を含む汚泥の仮置き場として、東北電力巻原発計画跡地を県が検討しているという。

旧巻町、現在の新潟市西蒲区にある約200万㎡の広大な土地。元々原発が建てられるはずだった周囲に民家がない人里離れた広大な土地なわけで、さらに現在も電力会社の持ち物であるこの土地を放射性汚泥の一時処理施設の候補地として挙げられるのは自然の流れかもしれません・・・

巻は僕が生まれてから中1まで過ごしたところ。候補地となっている角田浜に毎年海水浴に行ったことを思い出します。今はワイナリーのカーブドッチが有名で、県内外から多くの観光客が訪れていますよね。

原発反対デモで全国から市民団体が集まったことがありました。小学校低学年でしたが、デモ活動の拠点となった文化会館の近所に住んでいたため、大挙して押し寄せるデモ行進と機動隊とのもみ合う情景は今でも鮮明に記憶に残っています。

住民投票で建設反対が多数を占め、その後東北電力が計画を白紙撤回したことは周知の通り。

三条市の國定市長と同様、瓦れき受入れ検討を表明している篠田新潟市長。宮城・岩手の瓦れき受入れの前に県内の放射性物質を含む汚泥受入れの住民合意を形成できるかどうか、その手腕に注目したいと思います。

|

« 満員御礼!西地区『市政報告会』 | トップページ | 北地区『市政報告会』 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/44027531

この記事へのトラックバック一覧です: 放射性汚泥が角田浜に!?:

« 満員御礼!西地区『市政報告会』 | トップページ | 北地区『市政報告会』 »