« ピース綾部と強制送還~とくダネ!に思う | トップページ | わが三条市議会では議員同士の話し合い不要!? »

2012年8月22日 (水)

「自民×維新」連立が最もマシな選択!?

「次期衆院選後には民主党と自民党が連立を組まざるを得ない」という話が出ています。大躍進をするであろう維新の会を牽制する意図で民自両者が喧伝している向きも。この動きに対し、「せっかく芽が出始めた二大政党制をもうあきらめるのか」という声がありますが・・・

国民が大きく期待した二大政党制。民主党がまったくの期待はずれで国益を大きく損ない続けている現状なわけで、そうするともう一方の大政党自民党が受け皿にならなければなりません。しかし、残念ながら自民党への期待は薄い。

解散総選挙が今秋だろうが来春だろうが来夏の衆参ダブルだろうが維新の会の大躍進は揺るがないでしょう。マスコミも維新の会が国政でのキャスチングボードを握るべく“追い風報道”を流し続けることは間違いない。

「比例区では相当数獲るが、選挙区ではやはり地元の顔としてやってきた現職が強いはず」というお気楽な予想もあるけれど、甘い、甘すぎる!小泉郵政選挙で刺客に倒され、政権交代選挙で小沢チルドレンに倒された中堅・ベテラン議員がどれほどいたことか。

民主党が掲げたマニフェストがいかにデタラメで実現性が皆無かということは当時の自民党はこと細かく指摘をしたけれど、それを取り上げるマスコミはほとんどなく、有権者は“政権交代”というワンフレーズをまんまと刷り込まれ、結果、自公政権の最悪の状況から現在の超最悪の状況に陥ってしまったということ。

しかし、これは有権者の責任ではありません。限られた情報をもとに選択を迫られれば誰だってオイシイ話に飛びつくわけでして。次期衆院選も同じこと。必ず有権者は維新の会に大きな期待をし、そして投票します!

もうこの現実は止められない・・・

維新側が安倍元総理との連携を図ろうとしているようですが、僕個人としてはこの選択が瀕死状態の今の日本にはベターだと考えます。維新八策がどれだけ実現可能かはよく分かりませんが、長く政権与党にあった自民党の知恵と経験を活用していくというのは悪くない選択肢。

具体的には・・・

9月の自民党総裁選で安倍元総理が自民党総裁となる。そして、その後の解散総選挙では自民党は選挙区での議席を狙うこととし、選挙区候補者の比例名簿掲載を行わない。維新の会は比例区での議席確保を目指し、選挙区では自民党候補者への選挙協力を行う。「選挙区は自民、比例は維新」ってヤツです。

この案だと公明の扱いが課題にはなりますが・・・

維新の会はみんなの党との合流や小沢さんとの連携などのチャンネルを保っているようですが、彼らとは新政権誕生の際に手を組むかどうか決めたらいい。

自民×維新連立政権、安倍総理の下で維新八策に取り組む―これが最もマシな選択であるというのが現時点での僕の考えです。

|

« ピース綾部と強制送還~とくダネ!に思う | トップページ | わが三条市議会では議員同士の話し合い不要!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

別に名古屋さんにおべっか言う心算はないけど、三条市議会議員の人達のブログ見てて、主義主張の情報量については同様の事を感じました。
余り更新されて無いブログ・三条市内での活動報告が殆ど書かれて無いブログ等々、此方は次回選挙の際に立候補する人の主義主張・考え方・実績等を知りたくてブログを見てるのに、残念な議員の人達が沢山います。

投稿: 一三条市民 | 2012年8月24日 (金) 08時34分

一三条市民さま

コメントありがとうございました。

>余り更新されて無いブログ・三条市内での活動報告が殆ど書かれて無いブログ等々
僕自身もブログ更新率の低さをいつも反省しています。「twitterやfacebookでは短めなトピックスを」「主義主張の訴えはブログで」ということを念頭にやっていますが、怠けがちというのが正直なところ。
意識的な情報発信に心掛けたいと思います!

投稿: なごや☆ | 2012年8月24日 (金) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/46776514

この記事へのトラックバック一覧です: 「自民×維新」連立が最もマシな選択!?:

« ピース綾部と強制送還~とくダネ!に思う | トップページ | わが三条市議会では議員同士の話し合い不要!? »