« 年間970万円の報酬~交通安全指導員 | トップページ | 第5回定例会ネット中継 »

2012年9月20日 (木)

これもいらない!~民生委員推薦会

わが三条市のみならず、自治会長や民生委員の成り手がなかなかありません。役所の職員の数はどんどん減らされ、「官から民へ」といった具合になんでもかんでも細かな仕事を割り振られるからなおさらです・・・

法律で無報酬と決められている民生委員の皆さんには、市と県から調査費や活動費が出ていますが月額10000円にも届きません。ありがたいことに、「お金のためにやっているんじゃない」と口をそろえて言ってくださいますが、民生委員への仕事の配分や調査費・活動費の妥当性を含め、抜本的な見直しの時期に来ていると言えます。

民生委員は自治会長からの推薦により民生委員推薦会で諮られ採用されるという流れ。これは法律で定められています。

この民生委員推薦会の委員構成について、三条市では条例で「14人以下」と規定。市議会や市役所職員、教育委員長、福祉団体長など13人が名を連ねています。

平成23年度はこの推薦会が3回開かれているとのことですが、その会議時間はいずれも5分ほど。委員は前もって郵送された資料に目を通していることが前提だそうで、特に意見が出ることもなく会議は終了したとのこと。

そりゃそうですよね~。

成り手がない中、自治会長さんが拝み倒してようやく引き受けてくれた方を推薦してきているわけで、それを推薦会が却下できるはずがない。

そんな5分の会議で数千円の報酬が支給されると聞けば、汗水流して地域を駆け回る民生委員の皆さんが腹を立てるのは無理もありません。

決算審査特別委員会(市民福祉分科会)での僕の質問に対し、福祉保健部長も民生委員推薦会の形骸化を認める答弁をしています。

ちなみに、法律の規定から算定すると推薦会の委員は7人まで減らすことが出来るとのこと。

国の制度が変わらない限りは民生委員推薦会を廃止できませんが、せめて13人の委員を7人にまで減らすことくらいは三条市としてすぐにでも実行できます。

ささやかな抵抗かもしれませんが・・・

|

« 年間970万円の報酬~交通安全指導員 | トップページ | 第5回定例会ネット中継 »

ふるさと三条」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/47143636

この記事へのトラックバック一覧です: これもいらない!~民生委員推薦会:

« 年間970万円の報酬~交通安全指導員 | トップページ | 第5回定例会ネット中継 »