« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月17日 (水)

選挙に関わって真のまちづくり目指せ!

グローバルに展開する地元企業家でありながら、若いときから現在に至るまで地域のまちづくりにこだわって活動をし続ける50代の先輩の講演を聞く機会がありました。

首長の方向感でまちの未来像が変わっていくこと、何十年先のまちづくりを時の議会が判断するということを今更ながら思い知った気がします。

地元の若手経営者などを前に熱く語った講師の「真のまちづくりには選挙に携わること」という指摘は、自分の議員活動の目的にも大きく重なるところ。

市長も市議も、自らが目指すまちづくりを公約に掲げ、当選後は公約達成のために尽力する・・・もちろん、基本的には候補者の自らの発想による政策を有権者が判断するわけですが、当然のことながらその政策は周囲の声を反映したものになります。むしろそういったものにならなければならない。

「真のまちづくりを目指すというなら、もう選挙アレルギーはなしだ!」というのが講師のメッセージ。自らの経験も踏まえ、「自分たちのまちづくりへの思いを実現してくれる候補者に対し、公約づくりに関わるほど思い切り応援するべきだ!」と具体的な訴えをされていました。

まさにそれを実践し続けてきた講師にしか話すことのできない内容・・・

僕としては、ズバリ「自分の選挙を手伝え!」とはなかなか言いづらいですが、若者のみならずより多くの方々に市政に関心を持ってもらうこと、市民からあがってきた不安や不満・まちづくりの提言をしっかりと市議会でより意識的に議論していくことを改めて誓った講師からの檄となりました。

熱いメッセージを受けた若者たちが何を感じ、どう動くか。今後に期待し注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

震災廃棄物の搬入はじまる

その試験焼却のため、岩手県大槌町の震災廃棄物(木くず)の三条市清掃センターへの第一回目の搬入が、10日夕方に行われました。

地元住民、報道機関、市議会議員のみの公開でしたが、三条市と同じく震災廃棄物の受け入れを表明している自治体関係者や新潟県の関係者も訪れていた模様。個人的にはフルオープンにすべきだと思いましたけど・・・

試験焼却そのものに反対しているグループに対する警戒なのか、一部で警察の警備もあったようですが、大きな混乱はありませんでした。

Dsc_0305
南長岡駅の貨物ターミナルから運び入れられたコンテナ車。

Dsc_0307
まずはコンテナから1mの空間線量を測定。基準値0.16μSv/hに対して測定値は0.05~0.06μSv/h。

Dsc_0311
コンテナから木くずが排出される。木くずの空間線量の測定が行われ、基準値0.16μSv/hに対して0.06~0.07μSv/hの結果。

Dsc_0313
木くずの山から複数のサンプルを抽出。

Dsc_0314
Dsc_0316
抽出したサンプルをそれぞれ並べる。

Dsc_0318_3
木くずを撹拌。

Dsc_0319_3
厚さ5㎜の鉛の板を三重にして作られた箱に木くずを入れ、遮蔽線量率を測定。基準値0.1μSv/hに対して0.013~0.015μSv/h。

Dsc_0324
基準値をクリアし、木くずは炉の中へ。他のゴミと一緒に焼却されることに。

Dsc_0325
公表された測定結果。

震災廃棄物の本格受け入れに対して焼却場や最終処分場の地元住民をはじめとした市民の皆さんの理解を得るための試験焼却。6月定例会で試験焼却の関連予算を賛成多数で可決した議会としてもしっかりと結果を見届ける必要があります。

まずは空間線量や遮蔽線量の測定結果から「三条で毎日出されるゴミと何ら変わりのないもの」というのが証明されたことになります。

次は、本日夕方から48時間かけて行われる試験焼却における排ガスや焼却灰の測定結果に注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »