« 第6回定例会終わる | トップページ | 震災廃棄物受け入れ6300tから300tに »

2012年12月21日 (金)

衆議院選挙結果に思う

初めて体験した議会開会中の選挙、本当にハードな一か月でした。母子家庭状態となったわが家の修復には時間を要しそうです・・・

自公でバカ勝ちした印象ですが、投票率の低さや比例区での得票数などを見ても有権者から大きな期待を寄せられての新政権発足ということではないというのは明らか。慢心せず、失われた三年間を取り戻すべく全身全霊で政権運営にあたってもらいたいものです。

わが新潟4区では自民党県連青年部で共に活動をしてきた金子めぐみさんが初当選を果たしました。僕自身も選対に入って懸命に応援をしましたので素直にうれしく思っています。

553748_274733475981752_1533990352_n

ただ、それこそ慢心しいてはいけない。

今回は全国的に民主党への超逆風に助けられただけ。金子めぐみさんの政策や人物像に惚れ込んで投票してくれた方の数が少ないことを自覚すべきです。

それでも8万余の皆さんが「金子」と書いてくれた。そんな有権者を真の金子ファンにできるかどうかはこれから先の彼女の働きぶりにかかっています。

それから、馴染みの薄い4区で金子さんが勝利することができたのは選挙戦に関わったすべての方々の力の結集であることも忘れてはいけません。

応援してくれた特定の企業や団体に対しての感謝はもちろん大切ですが、そんな特定の企業や団体の方ばかりを見て政治活動を進めていくようなことがあれば、たちまち有権者の心は離れてしまいます。誰のために政治を行っていくのか、来週早々の初登庁を前に金子さんにはいま一度しっかりと思いを巡らせていただきたい。

そしてもう御一方、僕の政治の師・土屋正忠氏があの菅直人前総理を選挙区で打ち破り当選!

399269_400331560045549_400528049_n1

大金星を挙げたにもかかわらず、厳しい口調で「菅氏に勝つことが目的ではない」と国家再生への意欲を力強く語る当確直後のインタビューの姿に、思わず涙してしまいました。

国会議員としてスタートを切った金子さん、最後のご奉公とばかりに意気揚がる土屋さん、それぞれのこれからの活動に大きく期待します!

|

« 第6回定例会終わる | トップページ | 震災廃棄物受け入れ6300tから300tに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/48407870

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙結果に思う:

« 第6回定例会終わる | トップページ | 震災廃棄物受け入れ6300tから300tに »