« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月27日 (火)

9月議会の日程決まる

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

9月議会の日程決まる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

ココロを動かすデザイン

小林由明燕市議、滝沢茂秋加茂市議、今井幸代田上町議と3年前にスタートさせた『県央みらい塾』。持ち回りで幹事となりテーマを決め、様々な政策課題を学び、議論をしてきました。

今回が9回目の開催で僕が3度目の幹事役。以前からメンバーが大きな関心を寄せていた商店街の中にある交流拠点施設みんくる を会場に選びました。

Img_0469

これまでは災害対策や福祉、子育て・教育、中心市街地活性化などそれぞれの市町の取組みを中心に議論してきましたが、今回はやや視点を変え、地方議員の広報戦略についてをテーマに。

講師は三条市内にあるエムズグラフィックデザイン 代表の目黒由賀利さん。エムズ―は女性8名で活動されているそうで、出産や結婚によって職場を離れることを余儀なくされた“才能”を再結集した会社。すばらしい!

市議・町議の場合、広報活動を軽視する傾向があります。「予算がない」という理由もありますが、“ザ・地縁血縁選挙!”の様相が色濃いため、広く有権者に訴えるという意識が低いのかもしれません。

しかし、「いかに多くの市民・有権者の関心を高めるか」ということも僕たち若い世代の議員に課せられた大きな課題の一つと考え、今回の勉強会を開催することになったわけです。

DMや名刺といった紙媒体のデザインを中心にお話しいただきましたが、ブランディングの重要性、内容と同じくらい“見せ方”が大切だということ、デザインはコミュニケーションツールであるということ、熱くなった自分の思いを冷静かつ客観的に整理してくれるパートナーの必要性など、レジュメとホワイトボードを使いながらの約二時間の講義は本当にあっという間でした。

Img_0470

後半はレイアウトや色づかいなどの技術的なポイントをお聞きし、メンバーが普段使用している名刺やこれまで作成したリーフなど例に取って具体的な評価とアドバイスをいただくことができました。

目からウロコのお話もふんだんにいただき、実践に大いに活用できる内容の詰まった勉強会を開催することができました。ただ、中身が伴って初めてデザインが生かされるということも実感させられ、改めてこれまで以上に愚直に取り組んでいくことを決意した次第です(^0^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

オレってイクメン!?

子どもの定期健診の際に妻がもらってきた『父親と育児についての調査』アンケート。新潟青陵大学大学院の研究室が僕ら父親の育児の関わりを調べているとのこと。

Ⅰ子育てに関わる頻度について Ⅱ家庭での対人関係について Ⅲ職場での対人関係について―全部で51項目の質問が並んでいます。

Img_0468

自分としては日ごろから育児には積極的であると自負していましたが、改めて問われてみると妻に頼る部分が多いことを思い知らされます。

「育児方針について夫婦で話し合う」「子どもを寝かしつける」「子どもの育て方について身近な人たちと話す」の項目での僕の答えは5段階中下から2番目の「めったにしない」。

また、家庭での自分の存在について、「家庭ではみんないつも温かい心で私を受け入れてくれるように思う」「家庭では私は何かに縛られ自由に動けないようだ」「家庭では私はあるがままの自分でいられる」「家庭では他人に気兼ねして自分のやりたいことができない」などの項目にはかなり考えさせられました。妻の顔を思い出しつつ・・・

いずれにせよ、なかなか育児ついて振り返ることもないわけで、今回のアンケートは自分にとって、わが家にとっては良き機会となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

キラキラネーム論争

昨夕のニュースでたくさん取り上げられていたのが「患者取り違えの危険が増すからキラキラネームはやめて!」という小児救急医師のツイッターでのつぶやき。http://sankei.jp.msn.com/life/news/130806/bdy13080611180005-n1.htm

確かにウチの子が通う保育園の子どもの名前でも読めないものも少なくありません。

ウチの子のことを考えると・・・3歳の娘は周囲にあまりない名前かつ古風な名前ということで「咲乃(さきの)」、1歳の息子は自分と同じく漢字一文字の名前ということで「樹(いつき)」と名付けました。いずれも他人が読める名前を意識しました。

他の子とはちがう個性的な名前を付けてやりたいという親ごころはよ~く分かります。ですのでキラキラネームはまったく否定しません。

ただ、その子どもが一生名乗っていく名前を付ける責任が親にあることは間違いないわけで、周りの人が読むのに想像もつかないようなものや年を取ってからあまりにも恥ずかしい名前を付けることは自分自身は抵抗はありますね。

いずれにしても、今回の医師のつぶやきは感性の問題でなく現実の障害を指摘したもので、一考に値するものなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

一体校工事の遅れ、問題なし

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

一体校工事の遅れ、問題なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

進次郎局長率いる青年局会議に出席

昨日、自民党新潟県連青年部の一員として小泉進次郎局長率いる青年局の国会議員会議に特別に出席。青年局次長でもある金子恵美衆議院議員のお取り計らいに感謝です。

Img_00108

会議では秘書時代にお世話になったセンセ数人に久しぶりにお会いしてございさつもさせていただきましたが、それにしても会議に出席しているセンセ方は名前も顔も知らない方ばかり。自民党国会議員のメンバーが僕が秘書をしていた3年半前とは大幅に入れ替わったことを実感させられました。

青年局所属の45歳以下の若いセンセを中心として、1期生・2期生が100数十人を占める自民党国会議員。自民党が新しく生まれ変わる大きな転換期を迎えています。

小泉局長のもと、若い国会議員の皆さんが活発に議論する姿を目の当たりにして、心強く感じました。それに比べて我々の地方議会は・・・若い人材が手を挙げづらい状況は全国共通です。

若い国会議員の皆さんにどんどんと活躍してもらい、その輪を地方議会へと広げていただきたい。それが“政治離れ”著しい若者への関心を高めることにも必ずつながるはずです。

また、午後には同郷の長島忠美農林水産大臣政務官と面会。細田健一衆議院議員も加わり、このたびの豪雨被害の現状を中心に意見交換をさせていただきました。

Thm_00174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »