« オレってイクメン!? | トップページ | 9月議会の日程決まる »

2013年8月22日 (木)

ココロを動かすデザイン

小林由明燕市議、滝沢茂秋加茂市議、今井幸代田上町議と3年前にスタートさせた『県央みらい塾』。持ち回りで幹事となりテーマを決め、様々な政策課題を学び、議論をしてきました。

今回が9回目の開催で僕が3度目の幹事役。以前からメンバーが大きな関心を寄せていた商店街の中にある交流拠点施設みんくる を会場に選びました。

Img_0469

これまでは災害対策や福祉、子育て・教育、中心市街地活性化などそれぞれの市町の取組みを中心に議論してきましたが、今回はやや視点を変え、地方議員の広報戦略についてをテーマに。

講師は三条市内にあるエムズグラフィックデザイン 代表の目黒由賀利さん。エムズ―は女性8名で活動されているそうで、出産や結婚によって職場を離れることを余儀なくされた“才能”を再結集した会社。すばらしい!

市議・町議の場合、広報活動を軽視する傾向があります。「予算がない」という理由もありますが、“ザ・地縁血縁選挙!”の様相が色濃いため、広く有権者に訴えるという意識が低いのかもしれません。

しかし、「いかに多くの市民・有権者の関心を高めるか」ということも僕たち若い世代の議員に課せられた大きな課題の一つと考え、今回の勉強会を開催することになったわけです。

DMや名刺といった紙媒体のデザインを中心にお話しいただきましたが、ブランディングの重要性、内容と同じくらい“見せ方”が大切だということ、デザインはコミュニケーションツールであるということ、熱くなった自分の思いを冷静かつ客観的に整理してくれるパートナーの必要性など、レジュメとホワイトボードを使いながらの約二時間の講義は本当にあっという間でした。

Img_0470

後半はレイアウトや色づかいなどの技術的なポイントをお聞きし、メンバーが普段使用している名刺やこれまで作成したリーフなど例に取って具体的な評価とアドバイスをいただくことができました。

目からウロコのお話もふんだんにいただき、実践に大いに活用できる内容の詰まった勉強会を開催することができました。ただ、中身が伴って初めてデザインが生かされるということも実感させられ、改めてこれまで以上に愚直に取り組んでいくことを決意した次第です(^0^)

|

« オレってイクメン!? | トップページ | 9月議会の日程決まる »

ふるさと三条」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/52978873

この記事へのトラックバック一覧です: ココロを動かすデザイン:

« オレってイクメン!? | トップページ | 9月議会の日程決まる »