« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月24日 (木)

“つばめ若者会議”を学ぶ

Mirai

小林由明燕市議、滝沢茂秋加茂市議、今井幸代田上町議と続けている県央みらい塾。10回目となった今回は小林市議が幹事となり、燕市がこの春からスタートさせたつばめ若者会議をテーマに勉強会を開催。

100527111

つばめ若者会議については、メンバーに知人も数人いたり、報道等でも取り上げられていたので関心を持っていたものの、具体的な内容がわからなかったので今回の勉強会を楽しみにしていました。

燕新庁舎4Fで行われた勉強会。地域振興課長と主任を講師に迎えて約2時間半、説明と質疑応答を行いました。

僕のイメージでは「若者たちが燕のまちづくりを議論して政策提言する」といった感じでしたが、どうも違ったみたいです。

鈴木市長が日々感じていた「若い人たちの声が聞こえてこない」というのがそもそもの出発点。「20年後の燕市はどんなまちがよか?」を語り合い、その実現のために行動していく若者によるまちづくりの場を作ったというわけです。

特徴的なのはその構成。

行政がこの手の事業を立ち上げる場合、青年会議所や商工会議所青年部、農協青年部など既存の青年団体や市民団体から数人ずつ集うことが多い。手っ取り早いですしね。

しかし、つばめ若者会議は基本的には個人参加。各団体で活躍されている方もたくさんいらっしゃるわけですが、特に組織を背負って参加しているわけではありません。その中に、これまでこの種の活動を一切したこのない専業主婦の方がいたりする・・・

そして何より画期的なのは燕市の若手職員が多く参加していること。もちろん、職務命令でもなかれば残業代も出ない。それでも意義を感じて参加している職員がたくさんいるということは評価に値しますよね。

勉強会後の懇親の場で燕市職員でもあるメンバーの男性が、「普段の業務では年配の方と接することしかないんですよね」とポツリ。

確かにそうかもしれません。

現場の若手行政職員が、自分たちと同世代の市民がどんな暮らしをしていて、どんな未来を描いているのかを知る機会というのはこれまでほとんどなかったはずです。さらに、この会議では市民と行政職員が一緒に考え、実現に向けて行動していくというのだから、こんな理想的な取り組みはありません。

すでにメンバーの親交はかなり強いと聞きました。若手職員たちが中堅職員となり管理職となっていく過程で、同世代の人たちの生の声を聞き続けることができるということもとても意味のあることだと思います。

ただ、山崎亮氏率いるstudio-Lに750万円のコンサルタント委託料を支払い、他の経費も含めて815万円の予算で事業が進められているというのにはかなり衝撃を受けました。これだけ多額の予算で事業化するということは鈴木市長の本気度を感じる!?

また、他団体と大きく違うところは「リーダーがいない」「自主性を重んじる」「人の意見を否定しない」という点。

今のところstudio-Lによるプログラムに沿ってワークショップ等を重ねているようですが、来年度、再来年度とstudio-Lの関わりは小さくなり、いずれは自主運営をしていかなければなりません。それを見据えて自薦による運営委員会も発足させたとのことですが・・・

メンバーには何の責任も持たされていません。責任を持たされていないからノリで集っているメンバーもきっといるはず。会議が進むにつれてメンバーの意識にも差が生じてくるかもしれません。

とにかく、これまでのまちづくり団体とは一線を画したものであることは確かです。

市の職員も含めた若者たちがまちの未来を語り、その実現に向かって自分たちのできることに取り組む~もし、このスタイルが燕で具現化すれば約800万円の投資は安いものです。

studio-Lが残りの半年間で75名のメンバーにどれほどの意識付けができるか、注目していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

基幹病院ができるまでやるべきこと

昨日、県央地域救急医療連絡協議会主催のシンポジウムが開かれました。

基本構想の策定段階に入った県央圏の救命救急センターを併設する基幹病院。その基本構想策定委員会委員長である鈴木燕労災病院長をコーディネーターに、坂内済生会副院長、高野県央医師会応急診療所看護部長、山上三条市消防署(救急)副小隊長、そして魚沼医療圏で地域住民や子どもたちへの教育・啓発活動を展開する布施地域医療魚沼学校長をシンポジストに迎えてのシンポジウム。

013a07648499f8403d1af62aa975fc11409

特に救急医療に焦点を当てた発表・議論でしたが、とても有意義なものでした。

開会での池田三条市医師会長の「魚沼では基本策定から開設まで6年。そうすると県央でも東京オリンピックの頃には開設していることになる」というあいさつを受け、鈴木院長が策定員会での議論の進捗を報告する場面も。

「すべての救急患者を圏域内で診る」という目的達成のため、ほとんどの専門家救急の配置を目指すということや小児医療充実についても話し合われているという。一方では、「末期患者を最期まで看ていては基幹病院の機能が果たせない。予防活動への基幹病院としての技術的支援が重要」という意見も出ているようです。

県央の救急医療の問題点、救急車の安易な利用やコンビニ受診についても具体例で紹介。病院で診察の受付を済ませた患者が、長い待ち時間にしびれを切らせ、「少しでも早く診察してもらいたい」という理由で一度帰宅してから救急車を呼んだなどというのも決して珍しくないとのこと。信じられませんが、現実です。

布施校長は震災時に石巻日赤病院に派遣された際、荒れた避難所生活をする被災者の姿を見て、まずは避難所の生活改善から取り組んだ経験を紹介。「住民こそが医療資源」であり「住民の活力は自治体の宝」という観点で、急性疾病の原因ともなる喫煙・飲酒・メタボなど生活習慣の問題について広く地域住民に啓発していくことの重要性をお話されました。

「救急隊・救急医療=地域の共有財産」であり、その利用マナー改善策として諸外国では有料化の道を選択しているけれど、日本では市民モラル向上を図るべきであるという主張には強い共感をおぼえました。

昨日は80名ほどの出席者のうち医療関係者や行政関係者がほとんどで一般の市民が少なかった印象。

かかりつけ医を持つこと、無駄な救急車利用をしないこと、急性・重症でない限りは休日や夜間などの時間外診療を行わないことが重要。さらに、市民一人ひとりが自身の健康管理にもう少し気を配ることが地域全体の医療負担の減少につながる・・・

悲願である県央基幹病院がせっかく開設しても、利用者である私たちが有効活用を怠れば宝の持ち腐れとなってしまいます。

県央病院開設まで、中期計画で地域住民に対する啓発活動を行っていくことこそ行政や私たち地元議員の果たす役割。魚沼学校から学ぶべきところを学び、具体的な活動をはじめなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

九州視察③~武雄市

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

九州視察③~武雄市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

九州視察②~鹿児島市

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

九州視察②~鹿児島市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州視察①~南九州市

所属会派『新しい風』ブログ、書き込みました!

九州視察①~南九州市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

横浜踏切事故に思う

Image


踏切の高齢者助け、女性死亡=事故現場に献花相次ぐ―横浜 時事通信Y! 10月2日(水)

亡くなった女性はこれまでも数々の“人助け”をされてきた実践者だったそうです。

老人が線路でうずくまる姿を目にして、「助けなきゃ」と思い車から飛び降り、「誰か非常ボタンを押してください!」と叫びながら遮断機をくぐって救助に向かう・・・

彼女の中に宿る正義感や思考と行動が直結した類稀なる人間力が何の疑いもなく彼女を動かした結果となったように思います。

溺れた子どもを助けようと自らの命を落とす・・・こんな悲劇がこの夏も多く聞かれました。

「自分にできるだろうか」と自問し、「自分にはできない」と考えた方がほとんどかもしれません。もちろん、僕も。

「勇気ある行動」とたたえる声もあるようですが、勇気を振り絞る暇などなかったはず。彼女は本能で行動したのだと思います。

一つの命が救われ、一つの命が失われた事実。

彼女の行動はまねできないかもしれないけれど、日常の中にある「自分にできること」を実践しなければならないと強く感じた事故でした。

心からご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »