« 12月議会、質問順決まる | トップページ | ウチの娘、昨日でまる4歳(^0^) »

2013年12月 3日 (火)

新大生VS若手議員

全国若手市議会議員北信越ブロックと新潟大学地域政策協働センターの共催により開催された『地方議会フォーラム』に出席。大きな刺激とヒントをもらうことができました。

グループディスカッションでは「地方議会や地方議員はいらないのではないか」という厳しい意見も飛び交い、「地方議員が普段何をしているのか」を知っているのはごくわずかの支援者だけで大半の市民は知らないし、関心もないということを改めて痛感させられました。

131130shindai

結論としては議員一人ひとりが資質向上をするしかないということ。「選挙の時だけ…」などと言われないような活動をすることしかないわけです。

「その議員がどんな意見を述べ、市政にとってどんな貢献をしたのか、という判断材料がまったくない。だから市政にも選挙にも関心がない」というごもっともな意見も。

個々の議員はもちろんですが、議会全体として市民へのアプローチを図るべき。多数決で物事が決まる議会においては、議長経験者などのベテラン議員が率先して議会改革・議会活性化をリードしていただくのが近道でしょうね。

細かい話はともかく、今回のフォーラムは三条に持ち帰っての検討に値する成果がありました。主義主張が違う議員でもそのテーマによっては市民と向き合って議論することが十分にできることが証明されたような気がします。

任期も残りわずかですので今期は難しいですが、今後の課題にしたいと思います!

Shindai

|

« 12月議会、質問順決まる | トップページ | ウチの娘、昨日でまる4歳(^0^) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/54135537

この記事へのトラックバック一覧です: 新大生VS若手議員:

« 12月議会、質問順決まる | トップページ | ウチの娘、昨日でまる4歳(^0^) »