« 本日の三條新聞をご覧ください! | トップページ | 新・新しい風、本格始動! »

2014年4月24日 (木)

誰に入れても一緒!?―そんなことはありません!

27日(日)投票の三条市議選、市民の皆さんへの直接的な訴えができるのもあと二日半。

例えば、「どちらの候補者が当選すると文化会館をつくる、つくらない」という市長選挙とか「どちらの政党に入れると消費税が上がる、上がらない」という国政選挙などと比べ、「三条の明るい未来をつくりましょう、子どもたちの笑顔を守りましょう」と30人近い候補者が口をそろえて訴える市議会議員選挙は、「誰に入れても自分たちの暮らしに何の変りもない」「明日の暮らしに何の影響もない」と考えている市民が大多数ではないでしょうか。

でも、それは絶対にちがいます!

超少子高齢化に歯止めがかからない状況下、三条市の財源は大幅に縮小され、さらに合併から10年間は通常の15億円割り増しで国から回ってきている普通交付税もあと2ヵ年で終了します。

三条市の抱える借金は市民一人当たり約100万円。借金取りが私たちのもとに「カネ返せッ!」って取り立てに来ないから実感がないですが、借りたものは返さなければならない。

どうやって返すのか。

私たちが毎日当たり前のように受け続けている行政サービスのどこかを削るということ。そういった現実がもう目の前まで迫っていることを三条市民の皆さんと共有しなければなりません。

子育て世代、高齢者、障がい者、経営者、主婦、サラリーマン・・・

それぞれの世代や立場によって様々な行政サービスを受けているわけですが、誰もが自分が恩恵を受けているサービスを削られたくないわけで。

どの行政サービスを削るか―市長や行政職員、そして私たち市議会議員はこれからそういったかなりシビアな仕事をしていかなければなりません。

有権者がどの候補者を選択するかによって、自分自身の明日からの暮らしに大きく影響してくる可能性は十分に考えられます。

地縁血縁、同級生も大切かもしれません。しかし、それはその候補者の実績や訴えに触れる一つのキッカケであって、その先にある「自分のために何をしてくれるのか。三条市のために何をしてくれるのか」というところで一票を投じていただきたいと思います。

4年間、他のだれにも負けない継続的な取組みをしてきたつもりですが、そのことをより多くの有権者の皆さんに伝えることの大変さを痛感している選挙戦終盤。より多くの地域、より多くの世代の皆さんからの支持拡大のために、最後の最後まで必死で走り抜きます!

Meisuikun

|

« 本日の三條新聞をご覧ください! | トップページ | 新・新しい風、本格始動! »

ふるさと三条」カテゴリの記事

コメント

全くもって同感です!為政者たる者、明確に具体的なビジョンを示しましょう。(市長に1番言いたいのだが)
そうすれば、市民からの共感を得、付託されることでしょう。頑張れ!選挙戦も残りわずか、健闘を祈り応援する!

投稿: 石田 | 2014年4月24日 (木) 16時12分

祝当選!おめでとうございます!
3156票のトップ当選です。素晴らしい!
重い、重い得票数ですね。
今後もご活躍を期待しています。

投稿: 石田 | 2014年4月28日 (月) 00時01分

頑張った人、頑張らなかった人、神様は すべてお見通しです。連続トップ当選おめでとう。

投稿: KUMA | 2014年4月28日 (月) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/55915705

この記事へのトラックバック一覧です: 誰に入れても一緒!?―そんなことはありません!:

« 本日の三條新聞をご覧ください! | トップページ | 新・新しい風、本格始動! »