« 新潟県議選、あす告示! | トップページ | 若手市議、森全国市長会長の話を聞く »

2015年4月27日 (月)

統一地方選挙・考

4月12日投票の県議選等、昨日26日投票の市議選等、統一地方選挙が終了。

県議選では「現職二人の当選のために力を尽くす」と明言していたわけですが、結果としてその約束を果たすことができませんでした。

Img_0150

「どっちつかず」「両方にいい顔している」などと揶揄されながら、「三条市選出の県会議員として必要な人物」として佐藤卓之氏・坂田光子氏を自分の立場で精一杯の応援をブレずにさせていただいたつもりです。

二人とも当選ならば外野の声も気にならないところですが、結果を受けての批判的な声は甘んじてお聞きしなければならないと考えています。何よりも、坂田候補に投票してくださった12000余名の市民・有権者の方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

「自民2議席阻止!」という当選を果たした民主党候補者のスローガンはまったくナンセンスですが、それはそれとして三条市民の選択です。その選択が正しいものだったのかどうか、厳しい目でチェックしていくことが重要です。

後半戦は県内で、全国で、多くの仲間やお付き合いのある皆さんが挑みました。
Img_0151
上位で二期目の当選を果たした滝沢茂秋市議

日頃から切磋琢磨する二期目を目指す候補者たち。票数や順位を若干落とした候補者もいましたが、一期目の期待票とはちがった確かな評価や実績の票を積み上げたのではないかと感じています。その評価を糧に議会での取組みやまちでの活動をさらに意識的にレベルアップしていくことこそが投票してくださった方への恩返しなんだと思います。

ただ、今回の統一地方選挙を通じて痛感したことが・・・

それは若手の不調という点。全国的にもその傾向にあると感じています。

僕の同世代、30代後半から40代半ばの現職候補が軒並み苦戦しました。四年前にトップ当選だったのに落選した候補者も。その方が怠けていたわけではありません。

投票率の低さが一つの原因と考えらます。年配者に比べて地縁血縁が薄い若手は浮動票に頼るところが大きいわけですから。

もちろん、若けりゃいいってわけではありません。若くてもダメな奴もいるし、一生懸命なベテランの方もたくさんいらっしゃいます。

それでも、地方議会の場に若い世代の声が響くことは絶対に必要。

「若い世代の政治離れ・無関心→若い世代の超低投票率→若手議員の減少」という流れになりつつあるとしたらとても心配なことです。

今回、厳しい結果を突き付けられた仲間たちと共に、自分の立場としてやらなければならないことをいま一度考えようと思います。

|

« 新潟県議選、あす告示! | トップページ | 若手市議、森全国市長会長の話を聞く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279688/59786305

この記事へのトラックバック一覧です: 統一地方選挙・考:

« 新潟県議選、あす告示! | トップページ | 若手市議、森全国市長会長の話を聞く »