経済・政治・国際

2015年5月 8日 (金)

若手市議、森全国市長会長の話を聞く

全国若手市議会議員の会・北信越ブロックの総会及び研修が昨日から二日間、長岡市・小千谷市で開催され、県内を中心に、遠くは長野や富山、福井から16名の若手議員が出席しました。
Img_0155_3
Img_0153_3_4

一日目はアオーレ長岡(長岡市役所)を会場に、長岡市における地方創生の具体的政策「ながおか・若者・しごと機構」の取組みについて研修。

森民夫長岡市長からは全国市長会会長の立場でお話しいただき、「国の地方創生政策を概ね好意的に捉えている」としながらも「国の役割・責任があいまいになっているところもあり、高齢者から青少年へと政策の視点を移すなどといった国の言うべき基本政策を市町村任せになっている」といった指摘もありました。

その地方創生に向けた国からの交付金を得るために策定中である「長岡版総合戦略骨子案」は“若者が主役になるまち”を意識した内容で、3大学・1高専・15専門学校を配し、若者の集うまちである長岡の特色を活かし、彼らの思いと提案をより具体的に実現しようというもの。

「発想力に富む若者と経験を積んだ熟年は決して対立するものではない」という森市長のコトバが印象的でした…20代から30代の若者にこの地域で暮らす、このまちをつくっていく自覚をもってもらい、先輩方がサポートやアドバイスをしながら協働していくことこそが重要であることを改めて学ばせていただきました。

斬新なデザインの議場などアオーレ内を見学後、「地方議員における産休」をテーマに参加者で議論。
Img_0154_2

労基法では出産前6週間、産後8週間の産休が認められているものの、特別職の地方公務員である地方議員には適用されていません。

各議会の議会規則でも産休について明文化されていなかったわけですが、在職中に出産を迎えた大阪市議や新潟県津南町議の働きかけでそれぞれの議会で制度が変わったとのこと。

こういった事例を考えるとこれまで出産適齢期の女性が地方議員を務めるということがほとんどなかったということがよく分るわけですが、一方では、産休制度がないことが若い女性の立候補者が極端に少ない理由ではないと思います。

全国の議会に産休制度の導入を求めるとか、法律の改正を求めるというのは現時点では難しいというのが僕の考えです。

女性議員が出産を迎えるようなことがあった時に、柔軟に規則改定を進める議会であるべきだし、市民の皆さんがそんな女性議員を温かく祝福できるような環境を整えていくことこそが重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

統一地方選挙・考

4月12日投票の県議選等、昨日26日投票の市議選等、統一地方選挙が終了。

県議選では「現職二人の当選のために力を尽くす」と明言していたわけですが、結果としてその約束を果たすことができませんでした。

Img_0150

「どっちつかず」「両方にいい顔している」などと揶揄されながら、「三条市選出の県会議員として必要な人物」として佐藤卓之氏・坂田光子氏を自分の立場で精一杯の応援をブレずにさせていただいたつもりです。

二人とも当選ならば外野の声も気にならないところですが、結果を受けての批判的な声は甘んじてお聞きしなければならないと考えています。何よりも、坂田候補に投票してくださった12000余名の市民・有権者の方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

「自民2議席阻止!」という当選を果たした民主党候補者のスローガンはまったくナンセンスですが、それはそれとして三条市民の選択です。その選択が正しいものだったのかどうか、厳しい目でチェックしていくことが重要です。

後半戦は県内で、全国で、多くの仲間やお付き合いのある皆さんが挑みました。
Img_0151
上位で二期目の当選を果たした滝沢茂秋市議

日頃から切磋琢磨する二期目を目指す候補者たち。票数や順位を若干落とした候補者もいましたが、一期目の期待票とはちがった確かな評価や実績の票を積み上げたのではないかと感じています。その評価を糧に議会での取組みやまちでの活動をさらに意識的にレベルアップしていくことこそが投票してくださった方への恩返しなんだと思います。

ただ、今回の統一地方選挙を通じて痛感したことが・・・

それは若手の不調という点。全国的にもその傾向にあると感じています。

僕の同世代、30代後半から40代半ばの現職候補が軒並み苦戦しました。四年前にトップ当選だったのに落選した候補者も。その方が怠けていたわけではありません。

投票率の低さが一つの原因と考えらます。年配者に比べて地縁血縁が薄い若手は浮動票に頼るところが大きいわけですから。

もちろん、若けりゃいいってわけではありません。若くてもダメな奴もいるし、一生懸命なベテランの方もたくさんいらっしゃいます。

それでも、地方議会の場に若い世代の声が響くことは絶対に必要。

「若い世代の政治離れ・無関心→若い世代の超低投票率→若手議員の減少」という流れになりつつあるとしたらとても心配なことです。

今回、厳しい結果を突き付けられた仲間たちと共に、自分の立場としてやらなければならないことをいま一度考えようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

自民党議員に望むこと~総選挙を終えて

三条市を含む新潟4区の金子めぐみ氏、政治の師である東京18区・土屋正忠氏、共に全国屈指の注目選挙区でしたが、二人とも小選挙区での再選を果たしました。

Kaneko
Tutiya

応援したお二人はもちろん、当選した自民党議員には大いに期待しています。

安倍総理は本日の記者会見で「私たちが数におごり、謙虚さを忘れてしまったら国民の支持が一瞬にして失われる。緊張感を持って取り組んでいきたい」と述べました。噛みしめてもらいたいコトバです。

自民党のための政治ではない、国民のための政治です。

国民の大多数が疑問や不安も持つ懸案についてはそれぞれの選挙区でしっかりと説明してもらわなければなりません。そして、疑問や不安の声を時に自民党内部から叫んでもらわなければなりません。

「誰がやっても同じ」「政治には期待しない」~与党議員のプライドを持って、そんな諦めの声を吹き飛ばしてもらうことを心から期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

土菅戦争に参戦!~東京18選挙区

Dokan

市議会議員になる前の四年間、公設秘書として政治のイロハのイから教え込まれたのが東京18選挙区・自民党候補の土屋正忠氏。土屋氏がいなければふるさと三条に戻って市議になっていないかも。市職員、市議、市長、衆議院議員という人生を歩む土屋氏は僕にとってのまさに政治の師です。

そんな土屋氏の相手候補はあの菅直人元総理。

僕が土屋氏と出会った05年総選挙では菅氏勝利で土屋氏比例復活、民主党への政権交代となった09年は菅氏圧勝で土屋氏落選、自民党政権奪還の前回12年は土屋氏勝利で菅氏比例復活・・・この二人の戦いを“土菅戦争”と呼ぶ人も。

しかし、この土菅戦争は今に始まったことではなく、土屋氏が武蔵野市長時代から地元選出衆議院議員の菅氏とはことごとく対立・対抗し、直接対決ではないものの、総選挙、市長選、都議選、市議選と代理戦争を繰り広げてきたわけです。

土屋氏は選挙区で二度敗戦していることや年齢的なことで、一方で菅氏は元総理が連敗は許されないという中で、両者とも「負ければ引退」の最終決戦といった熾烈な戦いが繰り広げられているとのこと。

何としてでも土屋氏に勝利してもらわねば。

12月議会開会中ですが、所属委員会の審議も本日終了しましたので今夜遅くの高速バス(燕三条25:17発新宿6:15着)で応援に向かいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月31日 (日)

ショッピングセンターで投票できる!

4月の三条市議選の投票率は57.82%。四年前に比べて10ポイントも下がってしまいました。

もちろん、投票率の低下は三条市のみならず全国的な傾向であるわけですが、政治への無関心に直結する数字なだけに深刻かつ看過できない課題です。

僕自身、市議選直後の6月議会の一般質問でこの問題を取り上げ、「まずは投票率を上げるところから市政への関心を高める必要がある」と訴えました。

具体案の一つとして、定着しつつある期日前投票に目を向け、投票所の場所や時間帯などを工夫すべきと提案をしたわけですが、総務省でも法改正を検討がはじまりました。

お出かけついでに投票できるようにと、ショッピングセンターや駅周辺への投票所設置ができるように公職選挙法を改正するとのこと。

どうやら僕の提案よりもさらに踏み込んで、投票日当日の投票所設置を検討するらしい。すでにショッピングセンターなどに期日前投票所を設置している自治体もありますが、その営業時間に合わせて投票時間も現行より伸ばすことも検討されています。

時代と共に生活スタイルが大きく変化している中、ネット投票も含め、投票の仕方がカスタマイズされていくことは歓迎すべきことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

新大生VS若手議員

全国若手市議会議員北信越ブロックと新潟大学地域政策協働センターの共催により開催された『地方議会フォーラム』に出席。大きな刺激とヒントをもらうことができました。

グループディスカッションでは「地方議会や地方議員はいらないのではないか」という厳しい意見も飛び交い、「地方議員が普段何をしているのか」を知っているのはごくわずかの支援者だけで大半の市民は知らないし、関心もないということを改めて痛感させられました。

131130shindai

結論としては議員一人ひとりが資質向上をするしかないということ。「選挙の時だけ…」などと言われないような活動をすることしかないわけです。

「その議員がどんな意見を述べ、市政にとってどんな貢献をしたのか、という判断材料がまったくない。だから市政にも選挙にも関心がない」というごもっともな意見も。

個々の議員はもちろんですが、議会全体として市民へのアプローチを図るべき。多数決で物事が決まる議会においては、議長経験者などのベテラン議員が率先して議会改革・議会活性化をリードしていただくのが近道でしょうね。

細かい話はともかく、今回のフォーラムは三条に持ち帰っての検討に値する成果がありました。主義主張が違う議員でもそのテーマによっては市民と向き合って議論することが十分にできることが証明されたような気がします。

任期も残りわずかですので今期は難しいですが、今後の課題にしたいと思います!

Shindai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

進次郎局長率いる青年局会議に出席

昨日、自民党新潟県連青年部の一員として小泉進次郎局長率いる青年局の国会議員会議に特別に出席。青年局次長でもある金子恵美衆議院議員のお取り計らいに感謝です。

Img_00108

会議では秘書時代にお世話になったセンセ数人に久しぶりにお会いしてございさつもさせていただきましたが、それにしても会議に出席しているセンセ方は名前も顔も知らない方ばかり。自民党国会議員のメンバーが僕が秘書をしていた3年半前とは大幅に入れ替わったことを実感させられました。

青年局所属の45歳以下の若いセンセを中心として、1期生・2期生が100数十人を占める自民党国会議員。自民党が新しく生まれ変わる大きな転換期を迎えています。

小泉局長のもと、若い国会議員の皆さんが活発に議論する姿を目の当たりにして、心強く感じました。それに比べて我々の地方議会は・・・若い人材が手を挙げづらい状況は全国共通です。

若い国会議員の皆さんにどんどんと活躍してもらい、その輪を地方議会へと広げていただきたい。それが“政治離れ”著しい若者への関心を高めることにも必ずつながるはずです。

また、午後には同郷の長島忠美農林水産大臣政務官と面会。細田健一衆議院議員も加わり、このたびの豪雨被害の現状を中心に意見交換をさせていただきました。

Thm_00174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

進次郎局長、かみつくッ!

Shinjiro_2自民党青年局長の小泉進次郎衆議院議員が、参院選比例代表で自民党の内規である「70歳定年制」の例外規定を適用し、71歳の元衆議院議員の公認を決めたことを厳しく批判したことが大きくニュースで取り上げられています。

僕はいつも言っています。「若けりゃいいってもんじゃない、年を取っていても有能な人材はたくさんいる」と。ちなみに進次郎局長さんと直接お話しさせていただいた際、この意見は一致していました・・・

ただ、今回の候補者が規定を覆してまで公認するべき候補者かどうかというのは個人的には甚だ疑問。

お父様の小泉純一郎氏が平成15年に「70歳定年制」を設け、あの中曽根・宮沢両総理経験者を引導を渡したのは有名な話ですが、中曽根氏や森氏など、バッジをはずされてからも“政治家”として大きな役割を果たされている方も少なくありません。

自民党の参議院比例代表の公認候補の顔ぶれをみると、議長をやりたいだけと思われる70数歳の現職や、新人として、60代後半の元衆議院議員の名前が目につきます。

国民が何を自民党に期待しているのかということを全く理解していない執行部。相変わらず国民目線とは程遠い自民党体質を露骨に出してしまった感じですね。

進次郎局長が噛みつくことでガス抜きを図る自民党の旧態依然のやり方も痛々しい。

後進に道を切り開くこと、未来の担い手を育てることもセンセたちの大切なお仕事だと思いますが。

第一次安倍政権が崩壊に至るキッカケとなったのが郵政造反組の復党。これによって自民党内部での求心力が一気に弱まったことは確かです。僕の秘書時代の話ですが、風向きが一気に変わったことを肌で感じたことを思い出します。

背景がまったくちがう話ではありますが、支持率が高いことであまり何でもかんでもアリにしてしまうととんでもないしっぺ返しを食らうことになります。

国民をあまり甘く見ない方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

嶋大輔氏、政界目指す⁉

あの嶋大輔氏が政界を目指すことを理由に芸能界を引退するという。

最近、夕刊紙等で夏の参院選に自民党から出馬すると報じられていたことは知りませんでしたけど(>0<)
Shima_3
僕、タレント議員にはちょっとうるさいんです(笑)

芸能界やスポーツ界など、いわゆる有名人が政治家となるケースは少なくありません。立川談志、コロンビアトップ、扇千景、橋本聖子、馳浩、アントニオ猪木、旭道山、西川きよし、谷亮子、神取忍、そのまんま東、荻原健司、大橋巨泉、田嶋陽子、三原じゅん子、そして大仁田厚・・・数えきれないほど。

国会議員だけでなく、地方議員もたくさんいますよ。松野明美、グレートサスケ、青空好児、須藤甚一郎とか。

タレントや一流スポーツ選手はその道を極めた人なわけで、そんな経験や人脈、感性を政治に活かしてもらうことは決して悪いことではありません。

ただし、中途半端では絶対ダメ!

たとえば、橋本聖子氏や馳博氏などはしっかりと雑巾がけや研鑽を積んで、今では自民党内でも存在感のある政治家となっていますが、彼らは過去の栄光などは脱ぎ捨てて政治家として覚悟を持ってやっているという印象を受けます。

逆にどうしようもない輩もいます。

芸能界では三流か四流で、政治家となることで一気にそのタレント価値を挙げ、テレビに出まくり、講演をしまくり、荒稼ぎ・・・バカマスコミが大衆を煽り、まったく中身のない虚像をつくり上げ、振り返ってみるとなんの実績も見当たらない。結局、多額の報酬が彼らに支払われ続けるといった具合です。

僕が秘書時代に最も印象に残ったタレント議員は西川きよし氏。

彼は無所属。“客寄せパンダ”“票集め候補”と揶揄される政党候補者とは入口からしてまったく違っていました。特に福祉分野には精通されていて、あの飯島秘書官も西川氏の勉強ぶりに一目置いていたほど。

西川氏はタレントとしては超一流だったわけで、本気で「世のため人のため」と考えて政界入りし、そして議員立法を含めた具体的な功績も数々残した数少ないタレント議員だったかもしれませんね。

そういえば、石原慎太郎氏だってタレント議員の先駆けですよね。

嶋大輔氏の話に戻りますが・・・

「引退して政治家を目指す」というのが、「退路を経って」という意味ならばそれなりに彼の決意は汲んでやるべきだと思います。

それから、もしどこかの党が彼を公認するとしたら、「彼の政治家としての資質に期待しての公認」だと考えることにしましょう。だって、“嶋大輔”に浮動票が大量に流れ込むことは想定しにくいわけですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

ネット解禁で選挙はどう変わる?

どうやらこの夏の参議院選挙からインターネットを利用した選挙活動が解禁される方向らしい。

フェイスブックやツイッター、自身のブログ等を選挙期間中にも更新できるというのは候補者にとっても有権者にとっても大変喜ばしいことです。

周囲を見渡すと、「何がネットじゃぁ!?そんなもんは認めんッ!」と息巻いてこの動きに真っ向から否定的な大先輩もいらっしゃると聞きますが、嫌なら(できないなら)やらなければそれでいい。

有権者の政治や議員への不信感が加速度的に高まる昨今、少しでも有権者の関心を高め、積極的な政治への参加を促すことも僕たちの大切な職務。

ネット解禁に限らず、議会活性化・議会改革などについても言えることですが、特に古参議員からの抵抗が強いわけです。これまでの自分たちの取り組みをある意味否定されるわけですから気持ちが分からないわけではありませんが・・・

しかし、僕たち議員は有権者の立場でものを考えるべき!

お金もほとんどかからないSNSなどによる情報発信や情報交換は有権者にとっても少なからず大きな判断材料になります。

「若い候補者に有利になるから公平性を欠く」などという救いようのない泣き言を吐いているようでは情けない。むしろ老若男女に公平に与えられた代物であるのだから。

ただ、課題もあります。

「なりすまし」をどうするか。

僕ら市議会議員選挙レベルならまだしも、市長選挙や国政選挙ともなると熾烈な情報合戦が想定されます。ネット禁止のこれまででも、怪文書が出回ったりしているわけで、これがネット解禁となればやりたい放題の中傷合戦になることは火を見るより明らか。

自民党のプロジェクトチームでもこの点は焦点になっているようですが、ネット上で正々堂々と政策論争ができるような環境を整えてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧